4kアクションカメラの実力とは?アクションカメラ比較してみた

Wondershare Editor 編集者:

動画を撮影するときに、いろいろなジャンルの動画があります。その動画の中でも、スポーツなどの活動的な動画を撮影する場合では、特別なカメラで撮影しないといけません。 そんあカメラでの撮影が必要なスポーツや運動系の動画を撮影するときに欠かせないのが、アクションカメラです。アクションカメラにはいくつか種類があり、それぞれに特徴があるので、特徴にあわせたカメラを購入してから動画の撮影に利用してください。

現在テレビでも4K対応テレビなどが出てきて、画像の解像度が飛躍的に進化した映像を映し出すテレビが出てきていて、その4K動画に対応したカメラも登場しています。特にスポーツなどのカメラで4Kカメラを使用すると、よりリアルな映像を撮影することが出来ます。

4Kアクションカメラの実力とは?

アクションカメラにも4Kの波が押し寄せてきていて、より鮮明な画像で撮影できるのが4Kアクションカメラです。4Kアクションカメラの画質は通常のカメラの4倍の画質で高画質なっていて、より自然の色を映像として撮影することが出来ます。4Kアクションカメラで撮影した動画は4K対応のテレビなどで再生をしないと、その違いがわかりにくく、通常のテレビでは従来のアクションカメラで撮影した動画と4Kアクションカメラで撮影した動画との違いはそこまで感じることは出来ません。それが4K対応のテレビなどで再生すると、その違いがはっきりとわかります。

いかに4Kアクションカメラで撮影した映像がすばらしいかが一瞬でわかります。通常のアクションカメラでも十分と思っていた映像でも、実際に4Kアクションカメラで撮影した映像を見てしまうとその映像の違いを痛感させられますし、一度4Kアクションカメラで撮影したものを再生してしまうと、元には戻れなくなります。 それくらい高品質の動画を撮影することが出来ます。

アクションカメラをいくつか選択して比較する

4Kアクションカメラにはメーカーからそれぞれ販売されていて、各社で特徴があります。 4Kアクションカメラの最高峰と言えば、GoProがあります。

3つの4Kアクションカメラについて比較する

GoProの性能を見てみます。まずは4Kという高品質を出しているのは、3860×2160と最高の画質を提供できます。画素数も1200万画素で最高の画素数を提供しています。 さらに水中での撮影も出来るように水深40mまでの防水加工がされています。業界内でも最高水準の品質を保っていますが、その反面大きささと重さでは他のアクションカメラよりも落ちます。

コダックのPIXPROの場合は、102gと最軽量のアクションカメラになっています。水中撮影は水深60mまでできる最高の防水加工がされています。画質も2880 × 2880と他社以上の画質を提供しています。さらに1240万画素と、他所と比較して最高の画素数を提供しています。ただし、防水・防塵は別売りのものを購入しないといけません。この点はGoProとは価格的に違ってきます。

リコーのアクションカメラの場合は、画質麺では、3840 × 2160と最高の画質を提供していて、モニターまで標準でついています。その場で撮影した動画を確認することが出来ます。防水機能も水深20mまでは対応していて、標準で搭載されています。その反面、画素数が80漫画外1210万画素と比較すると若干劣ります。

ここまで3つの4Kアクションカメラについて比較してきましたが、どのアクションカメラもそれぞれ特徴があり、どのような使い方をするのかでどのカメラにするのかを決める方が便利です。どれが良いというわけではなく、そのときの使う目的に合わせたから購入すると自分にあった4Kアクションカメラを選ぶことが最善策です。

4Kアクションカメラで撮った動画を編集するソフトー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

アクションカメラサマーコレクション - 今この瞬間をカタチに


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>