アクション系動画編集・タイムラプスを使うタイミングとは

Wondershare Editor 編集者:

アクション動画を撮影してから編集してYouTubeに公開するときがあります。そのときに、タイムプラスを使用して同が編集後に公開することがありますが、その場合のタイムプラスというものを少し知識として知っておくとわかりやすくなります。通常アクション動画にかかわらず、撮影するときに胃腸時間にわたり撮影してからその動画を嘆じんへと編集しs手から公開しないと視聴者が長時間見ることはほとんどありませんし、YouTubeにアップするときに動画さいずっが大きくなってしまいます。

このように、長時間の動画を数分などに短縮してからまとめることをタイムプラスといいます。このタイムプラスをアクション動画の編集をするときにどのタイミングで使えば効果的な動画に編集することが出来るのでしょうか。

タイムラプスを使うタイミングとは

他無プラスを使うと通常の動画を早回ししてから流すことになります。そんあタイムプラスは、アクション動画で利用すると便利ですし、迫力がある動画へと変身させることが出来ます。アクションカメラで撮影するときに利用価値が高くなるのが地無プラスですが、自動車のダッシュボードに設置してから車窓を移して域、その車窓を短時間に集約をしてから映像として流すと躍動的な車からの映像を見ることが出来ます。

昼間であればその程度ですが、夜の車窓をタイムプラスを使って短縮したえいぞうを流すと、幻想的な世界を映像で見ることが出来て、何か映画の1シーンのような映像となります。これはアクションカメラを使った映像をタイムプラスを使って編集したとき西か出せない映像となります。空の動きを1日撮影してから、それを編集してちむらぷすにより短時間に編集することで、雲の動きを見ることが出来ます。ほかにも朝日や夕日の撮影を数時間かけてから撮影した後に、その動画編集をたいむらぷすを使って編集すると、日の出や夕焼けナアドをきれいに映像として短時間で見せることが出来ます。

自由にエレメントを使ってタイムプラス動画を編集する方法

このように、タイムラプスを使用することで、通常何気なく生活をしている中で、感動的な映像としてみることが出来る場面がいくつもあります。そんなタイムラプスを利用数だけではなく、それにエフェクトを使用することで、よりきれいで幻想的な映像へと編集することが出来ます。そんなタイムラプスに、別途エフェクトを利用してから編集すれば最高のタイムラプス映像へと編集することが出来ます。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」でアクションカメラで撮影した映像を編集するのには、最適なエフェクトが用意されていて、 アクションカメラコレクションをエフェクトセンターで購入することが出来ます。 エフェクトセンターにあるものはすべてダウンロード後、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の中に自動で取り込まれます。ダウンロードしたエフェクトをすぐに利用できるのが「Filmora(旧名:動画編集プロ)」です。アクションカメラコレクションには、56本ものエレメントが用意されていて、自由にエレメントを使ってタイムプラス動画を編集することが出来ます。

ほかにも、オーバレイが11本あり、タイトルが44本もセットで用意されています。特に雪山でのアクションカメラで撮影をした動画を編集するのにはエレメントが多数用意されていて、これをアクションカメラで撮影した動画の編集で使うと効果的な動画へ変身できます。出来るだけ多くのプラグインを利用してアクションカメラ映像を編集したいのであれば、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を導入して、エフェクトセンターから、アクションカメラコレクションをダウンロードして利用するとより理想とする動画を作ることが出来ます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

アクションカメラコレクションー雪山での冒険をFilmoraとダイナミックに編集

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>