アクションカメラについての紹介

Wondershare Editor 編集者: May 25,2017 15:28 pm

皆さんは「アクションカメラ」というものをご存知でしょうか。ウェアラブルカメラやスポーツカムとも呼ばれますが、簡単に言うとスポーツやアクティビティをしている様子など、臨場感ある動画を撮影するのに適したカメラのことです。通常のビデオカメラよりも小さくて軽い、さらに衝撃にも強くて耐水性も高いため、マリンスポーツなどの撮影もできます。アメリカのメーカーが作っているGoProや、国内ではソニーが発売している「アクションカム」などが有名です。使い方としては頭や腕に取り付け(取付用器具は別売り)て、自分の動きや見ているものをそのまま撮影するという使い方をするケースが多く見られます。

実際にアクションカメラで撮影したという動画をいくつか紹介したいと思います。これらは全てyoutubeで公開されていますので、皆さんも興味があればぜひご覧ください。

アクションカメラで撮影したという動画の紹介

一つ目:「プールであそぶせんももあいkids in The Swimming Poo」という動画

こちらは日本の家族がプールで遊んでいる様子をGoProで撮影したものだそうです。水の中の様子も鮮明に写っているのが分かりますね!

二つ目:「GoProで撮影した動画をPremiereでスタビライズしてみた」という動画

動画の後半、バイクで走っている様子を撮影しているところが臨場感があり、見ていて面白いです。これは恐らくバイクにアクションカメラを固定しているか、撮影者さんの服に固定しているのではないかなと思います。

三つ目:「GoPro撮影】石垣島旅行」という動画

景色が非常に綺麗に映っています。走っている様子や山登りをしている様子、海に潜っている様子など様々なシーンが有り、アクションカメラってこういう風に撮れるんだーということを知りたい方にはお勧めの動画です。

上記で紹介した動画でアクションカメラの魅力は伝わりましたでしょうか?実はアクションカメラで撮影した動画であってもそのままではなかなか魅力的な動画にならないことが多いです。やはり動画は編集をしてこそ!というところがあります。

filmoraのアクションカメラツールを紹介する

アクションカメラで撮影した動画を編集するのにお勧めなのがwondershare社の「Filmora(旧名:動画編集プロ)」という動画編集ソフトです。filmoraにはアクションカメラで撮影した動画専用の編集ツール、その名も「アクションカメラツール」が内蔵されています。このアクションカメラツールを使えば「魚眼効果の補正」や「手ブレの安定化」、「音声ノイズの除去」などをすることができます。実際の使い方を簡単に解説したいと思います。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の使い方

ステップ1:まず、filmoraを起動したら最初の選択画面で「アクションカメラツール」を選びます。するとアクションカメラツールの画面が開くので、画面下の「アクションカメラの動画をインポート」からアクションカメラで撮影した動画をインポートしてください。

アクションカメラツール

ステップ2:インポートが完了すると今まで押せなかった画面左上の「レンズ補正」「手ぶれ補正」「ノイズ除去」が押せるようになります。まずは「レンズ補正」にチェックを入れましょう。

レンズ補正

チェックを入れると下のドロップダウンリストを変更できるようになります。上のドロップダウンリストで撮影に使用したアクションカメラの種類、下のドロップダウンリストで撮影した動画の解像度を選択してください。選択が完了したら自動的に補正が始まりますので完了まで待っているだけでOKです。

ステップ3:次に「手ぶれ補正」にチェックを入れます。チェックをしたら下の「レベルを調整」というバーを左右にスライドして調整するだけ。調整レベルを上げると手ぶれをより少なくするために画像がズームされていきます。

手ぶれ補正

ステップ4:最後に「ノイズの除去」にチェックを入れます。同じようにレベルを調整するだけでOKです。音声の確認をする際はイヤホンかヘッドセットを使用してください。

ノイズの除去

修正が終わった動画は画面右のプレビュー画面で確認することができます。再生ボタンを押して確認をしてください。まだ調整が必要だなと感じた場合は、先ほどと同じように調整したい項目にチェックを入れて調整するだけなので簡単です。

ステップ5:プレビューを確認して問題がなければ、動画を保存しましょう。保存しないと調整したものはやり直しになってしまいますので注意してください。エクスポートボタンを押せば出力先や形式を選び、名前を付けて保存ができます。

エクスポート

以上がアクションカメラで撮影した動画の編集方法になります。思った以上に簡単ですよね?アクションカメラと「Filmora(旧名:動画編集プロ)」さえあれば素敵なアクションカメラ動画でyoutubeの再生数もアップするかも!?

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。