高度機能のブレンドモード(描画モード)が使える動画編集ソフトおすすめ5選

Jul 31,2019 • カテゴリ: 動画編集のスキル

ブレンドモードについてのご紹介

ブレンドモードとは一体なにかと言うと、透明度や明るさなどをプリセット設定機能によりクリップをミックスすることをいいます。

ブレンドモード(描画モード)の一つに乗算とは、色が重なるにつれて暗くなることをいいます。これは、色の三原色の特徴と同じ仕組みです。他にも、レイヤー、比較(暗)、比較(明)、スクリーン、オーバーレイ、ハードライトなどがあります。

2.高度機能のブレンドモードが使える動画編集ソフトおすすめ5選の紹介

ブレンドモードとは

透明度や明るさなどをプリセット設定機能によりクリップをミックスすることです。現在ではブレンドモードの機能を備えたソフトが多くありますが、その中でもお勧めのソフトをご紹介いたします。

① 一番おすすめなのはFilmoraPro

Wondershare「FilmoraPro」

Wondershare社は様々なソフトを提供していますが、その中でも編集ソフトの「FilmoraPro」とは少し異なる製品になります。動画編集では当たり前の機能は付随していますが、「FilmoraPro」は主に以下の高度な編集機能が備わっています。

  • ・キーフレーム
  • ・カラー自動調整
  • ・部分エクスポート(レンダリングキュー)
  • ・レイアウトのカスタマイズ
  • ・オーディオエフェクト
  • ・同期ビデオとオーディオファイルの結合
  • ・スコープ
  • ・色調調整ツールのアップグレード(RGB・LUT・YUV)

このような機能もありながら無料版からダウンロードして、使うこともできます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード


もちろん、お使いのOSがWindowsでもMacであってもそれぞれに対応したソフトをご用意しています。

また、エフェクト・トランジションの編集を簡単・効率的に考えられたソフトです。動画の機能面では、色彩調整・エフェクト・編集ツール・モーショングラフィック・トランジションなどがFilmoraよりグレードアップされています。なお、オーディオミキサーでは各トラックが繊細に編集できるようにミキサー数やオーディオエフェクトもより多くあります。

色調補正ですが、細かい調整はFilmoraProを是非とも使ってください。色調補正ツールでは、様々な調整が可能です。

詳しい「FilmoraPro」操作デモ(機能紹介とチュートリアル)

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード


② Photoshop 

機能の中の描画モードとは、下にあるレイヤーに対して上のレイヤーがどういった合成をするかを設定できることです。

このソフトでは、「通常」から「輝度」まで27個の効果があります。この機能の使い方を覚えると色々と使えると思います。しかし、描画モードは種類が多く、どれがどんな効果があるのか分かりづらいと思います。

Photoshop

ブレンドモード(描画モード)の乗算とは、色が重なるにつれて暗くなることです。

これは、色の三原色の特徴と同じ仕組みです。

ホワイトを基本にして色が重なった所だけ暗くなっていきます。 加工したいレイヤー(写真とかイラスト配置)の上に新規レイヤーを置いて、その新規レイヤーに対してレイヤーパネルの中にブレンドモードのプルダウンメニューがあるので、そこから選んで適用させます

③ Adobe 「PremierePro」

プロと言われる方も使える高度な映画製作に対応できるほか、初心者向けの比較的に簡単な動画編集も行えるソフトであります。

PremierePro

他のAdobeシリーズ製品と連携して使用することもできます。その為編集作業には、かなりの利便性があると思います。

④ Biackmagic Design「Davinci Resolve」

このソフトはプロと言われる方に向けた動画編集が可能となっています。編集速度も高く4K、8K、HDR編集、カラーコレクション、VFX、オーディオポストプロダクション機能の操作も行えます。

BiackmagicDesign「Davinci Resolve」

しかし、他のプロ向け動画編集ソフトと比べると機能面としては特に目立った点はないかもしれません。

⑤ Avid Media Composer

Avid Media Composer(アビッド メディア コンポーザー)はアビッド・テクノロジーが販売するソフトです。

Avid  Media Composer

このソフトはまさにプロ仕様の動画編集ソフトでもあります。誰でも動画編集を思い通りできると思います。そして、映画やテレビ番組にも使用されているほどです。クリエイティブ・タスクの機能、トランスコードやコンソリデートなどのバックグラウンド処理機能も追加されています。


今回は高度機能のブレンドモードが使える動画編集ソフトをいくつかご紹介いたしましたが、Wondershare社のFilmoraProはプロと言われる方も満足できる機能が付随しています。

Filmora9をすでに使用している方や、まだ未体験の方も、FilmoraProは、一つ上の動画編集を行う方にも納得いただける使いやすいソフトと思います。

初めて動画編集を行う初心者の方でしたら、簡単操作の「Filmora9」から体験頂き、動画編集をトコトン突き止めたいと思ったら、FilmoraProを体験してみたらどうでしょうか。

キーフレームを使って、こんなこともできちゃいます!

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>