色調補正の基本操作とトーンカーブの使用実例をご紹介

Jun 18, 2020 • カテゴリ: 動画編集のスキル

色調補正の目的とは

色調補正の目的は、映像をより適切に露光し、カラーバランスを補正することです。フラットカラーで映像を撮影したときにホワイトバランスを修正したり、色合いがよくない時に必要な作業となります。

今回は実例として、FilmoraProを使った詳細な色調補正ツールのトーンカーブ&スコープの使用テクニックを紹介します。まずはFilmoraPro(フィモーラプロ)をダウンロードしてください。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

●色調補正の基本操作を見てみましょう

コントラストとは

コントラストとは、映像において明暗の差がどれ程あるかを表示するものです。値が大きいほどコントラスト比は大きくなり、明暗の差が大きいことを表します。つまり、同じ解像度では、コントラスト比が高いほどメリハリのある画質が得られ、文字や色がより鮮明に見えます。

FilmoraPro(フィモーラプロ)を使うと、様々な方法で正確な色調補正を行うことができます。下記クッキング動画のホワイトバランスは青味が強すぎで、コントラストに欠けています。FilmoraProを使えば、この動画を修正することができます。

色調補正

ステップ1. 自動コントラストを適用する

エフェクトの色調補正のフォルダから自動コントラストを選択します。動画の色調が自動で調整されます。

自動コントラストを適用する

ステップ2. 色温度を調整する

コントラストはいい感じに調整されましたが、色合いはよくありませんね。色調補正から「色温度」で、スライダーの値を下げます。

 色温度を調整する

 色温度を調整する

ステップ3. エフェクト(自動コントラストと色温度)の表示位置を変更する

上記操作でよくなりましたね。しかし左上の黄色のハイライトされた部分の補正効果がいまひとつです。

エフェクトの表示位置を変更する

色調補正では、エフェクトをかけた順番が見た目にそのまま影響することがあるので、自動コントラストの前に色温度エフェクトをかかるようにドラッグ&ドロップして変更してみましょう。これでよくなりましたね。

エフェクトの表示位置を変更する

●色調補正-トーンカーブの使い方

トーンカーブとは

トーンカーブとは動画の明るさや明暗の比率(コントラスト)を自由に調節できるツールです。 「トーン」とは「色の調子」と言う意味で、このトーン曲線を使って思い通りに調節するという形で、トーンカーブが動画編集の色調補正ツールとして活躍しています。

下記映像はフラットカラーで撮影しているようなので、コントラストと彩度の調整が必要です。「トーンカーブ」を使ってコントラストを加えてみましょう。

トーンカーブ

ステップ1. トーンカーブを適用する

エフェクトの色調補正のフォルダから自動コントラストを選択して映像に適用します。

トーンカーブを適用する

ステップ2. トーンカーブの直線に調節点を設置する

カーブの直線にクリックして2つの調節点を設置できます。

トーンカーブの直線に調節点

ステップ3. カーブを調整する

カーブをSにカタチに整えます。(元の素材コントラストに応じて調節してください)

カーブを調整する

ステップ4. 色彩を調整する

続いて「色相、彩度、明度」を加えて色彩を加え、マスターから彩度を上げます。

色彩を調整する

今回紹介したテクニックは素早くカラー補正を行いたいときに最適です。ストーリーをさらに鮮明に演出できるよう、ぜひ一度試してみてください。

キーフレームを使って、こんなこともできちゃいます!

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>