合成モードで動画の合成を実現できる動画編集ソフトおすすめ5選

Jul 31,2019 • カテゴリ: 動画編集のスキル

1.動画編集とは?動画のエンターテインメント化とその背景

皆さんは、動画編集に興味はありませんか?

動画編集が活きる場面といえば、旅行先で撮影した動画や、お子さんが運動会で活躍したビデオの編集などでしょう。また、それ以外にもVFXやマスク編集を駆使した映画さながらのアクションムービーの編集やゲームプレイの実況動画など様々です。

PCスペックの上昇やスマートフォンで使用可能な専用ソフトの登場で、以前よりも動画編集を行う敷居は低くなったといえるでしょう。

個人それぞれが投稿する動画系のエンターテインメント普及の背景には、「YouTube」や「ニコニコ動画」等の動画共有サイトの登場や、「Twitter」や「インスタグラム」等のソーシャルネットワークサービス(SNS)の利用者増加も一因であると感じます。

そういった観点から動画編集を行う機会が増えてきていますが、上で説明したように敷居が低くなったものの、難しそうというイメージは付き物です。そんな不安をお持ちの方のために、今回は基礎的な編集を例に挙げつつ、手軽にできるソフトを5つ紹介します。

2.動画編集の基礎とは?動画の合成を簡単に実現できる動画編集ソフトおすすめ5選

動画編集は様々な素材(写真・音楽・映像等)を組み合わせて一つの映像作品として完成させるものです。

例えば修学旅行での写真を10枚程用意し、時間経過毎に切り替えていくといった簡単な物でも一つのスライドショーとして成り立ちます。

そこにBGMやエフェクトを追加することによってよりよい動画になっていくわけです。また、2つの動画をつなぎ合わせる、または同時に表示するいわゆる「合成」なども可能です。

合成については自分のフェイスアップを表示しつつゲーム画面を表示するゲームプレイ動画のスタイルや、チャンバラごっこなどを撮影した動画にスターウォーズのレーザーブレードのようなエフェクトを追加することも可能です。

さらに火花や溶岩などのエフェクトを加えることによってハリウッド映画さながらの映像を作成することも可能になるわけです。


今回はそのような編集を簡単にできる動画編集ソフトを5つ紹介したいと思います。

おすすめソフト1 :FilmoraPro

一番お勧めなのは、Wondershare社のFilmoraProです。FilmoraProは同社が販売している動画編集ソフトFilmoraの上位バージョンになります。

Wondershare「FilmoraPro」

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード


特徴的な機能として、動画編集の基礎的な機能である動画の結合やBGMの追加などの操作を一手に行うことができる「合成モード」が搭載されています。

合成モードを使うことで動画編集を簡単に行うことができます。実際の手順では、素材を読み込んで、「タイムライン」と呼ばれる部分に集めていくことで動画の作成を行っていきます。例えば動画を2種類同時表示するのも他の編集ソフトでは少し手順が複雑です。

しかしFilmoraProでは画像を重ねるような感覚で可能です。

音声トラック面でも、波形部分をクリックし上下にドラッグするだけで音量調整ができるので、数値指定など複雑な手順を踏むことなく操作が可能なのも素晴らしいですね。

詳しい「FilmoraPro」操作デモ(機能紹介とチュートリアル)

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード


おすすめソフト2:AdobePremiere

メーカーは Apowersoftです。無料版から用意されています。

「動画変換マスター」は機能が豊富な動画変換ソフトです。

AdobePremiere

Adobe社より販売されているAdobePremiereは高機能な動画編集ソフトです。

多数のエフェクトと様々な編集ツールによって、自分の中で行いたい編集を再現するにはうってつけです。

おすすめソフト3:VirtualDub

VirtualDubは無料の動画編集ソフトです。

こちらは日本語がサポートされていませんが、有志により 日本語化パッチが配布されています。

フレーム単位でのカット編集に対応しているため細かなカットや場面転換ができ、動作も軽いのが特徴です。

VirtualDub

おすすめソフト4:Aviutl

無料の動画編集ソフトとしては最もユーザー数が多いと思われるのがこのAviutlです。

Aviutl

VirtualDubに比べるとPCスペックを要求されますが、プラグインの追加により有料ソフト顔負けの機能を多数追加できるのが特徴です。

おすすめソフト5:Shotcut

細かい編集など気にせず動画の切り貼りのみを簡単に行いたいという方にお勧めのソフトです。

はさみマークで動画の分割、引き延ばしマークで動画の延長などといったようにアイコン表示がわかりやすく簡単に操作可能です。

Shotcut

カラー、オーディオおよびグラフィックスを操作するためのツールは、After EffectsやAudition、Adobe Stockなどのアドビの他のアプリと共有しています。


ソフトの紹介は以上です。この中から貴方に合ったものを探してみてください。

今回紹介したソフトを使って、動画編集に挑戦してみてはいかがでしょうか。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

キーフレームを使って、こんなこともできちゃいます!

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>