トーンカーブ(色調補正)の使い方:画像色調のレベル補正を行うには?

Jul 31,2019 • カテゴリ: 動画編集のスキル

トーンカーブとはどんな機能?

トーンカーブとは、画像編集ソフトなどの色調補正おいて、画像全体の明るさや暗さ、コントラスト等を調整する際に使われる機能の事です。トーンカーブでは、画像の色の変化を線グラフで表現していて、横軸が元の画像の明るさ、縦軸が変化後の画像の明るさとなっています。グラフには、斜め45°の直線(トーンカーブ)があり、この直線を上下に動かす(詳しく言うと曲線させる)事で、画像の明るさ・暗さを補正できます。

また、トーンカーブを曲線させた際の角度も非常に大切で、それによって画像のコントラストに大きく影響します。少し難しいかもしれませんが、トーンカーブをマスターすれば、レベル補正(トーンカーブの簡易版)よりも細かい画像の編集が可能です。

高度な編集もスムーズに!プロ向け動画編集ソフト「FilmoraPro」をご紹介

Wondershare「FilmoraPro」

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

トーンカーブを始めとした高度な編集を行う際に、ぜひ皆さんにオススメしたいのが、Wondershare社から出されているプロ向け動画編集ソフト「FilmoraPro」です。

スムーズかつ正確に、ハイレベルな画像および動画加工を行えるのが、このソフトをオススメする一番の特徴です。どんなワンシーンも一切見逃さない洗練されたプロジェクト画面と、驚くほど柔軟な操作性能を実現していて、思い通りの編集が可能です。

特に「FilmoraPro」では、ダイナミックで美しい映像制作をサポートする最新&強力な編集ツールを搭載しています。例えば、「ディストーション」ツールでは、画像に隆起や歪み、熱波、モザイクと言った効果を適用して、ユニークで活気のある動画を作成する事ができます。

もし動画を見ていて、「映像の画質を漫画風あるいは、古いネガフィルム風にしたい」などと思った場合は、「スタイライズ」ツールを活用してみましょう。また、動画のスピードやエコーの継続時間を調節できる「時間的」など、編集していて楽しいツール・エフェクトばかりが沢山用意されています。

徹底解説!FilmoraProで色調補正(トーンカーブ等)する方法

ステップ1.ソフトの起動

まずは、FilmoraProを起動して、「新しいプロジェクトを作成」を選択します。画面左の「メディア」パネルから「インポート」をダブルクリックし、編集したい動画をインポートします。続けて、インポートした動画を「エディタ」パネルのタイムラインにドラッグ&ドロップします。

ステップ2.動画の編集

「エフェクト」パネルをクリックして、編集ツールの一覧から「色調補正」→「トーンカーブ」を選択します。そのまま「トーンカーブ」をタイムラインにドラッグ&ドロップします。そうすると、画面左上の「コントロール」パネルに「トーンカーブ」が表示されるので、明るさ、影、輝度と言った画像に必要な編集を行います。

ステップ3.トーンカーブの基本的な操作

画像全体を明るくしたいときは、グラフの中央付近を上げてカーブさせます。反対に、画像全体を暗くしたい時は、中央付近を下げてカーブさせます。また、画像のコントラストを強くする場合は、中央から下半分を下げ、上半分を上げてS字を描くようにカーブさせます。反対に、コントラストを弱くしたい場合は、中央から下半分を上げ、上半分を下げて逆S字を描くようにカーブさせます。

ステップ4.プロジェクトの保存

編集後、画面上部の「ファイル」タブを選択して、一覧から「プロジェクトを保存する」をクリックします。プロジェクトの保存先の選択を求める画面が表示されるので、プロジェクト名を入力して保存場所を選択します。
※保存後は、先ほど指定した場所に動画がちゃんと保存されているか確認してください。

終わりに

皆さん、いかがでしたでしょうか?

今回紹介した方法で「FilmoraPro」を操作すれば、迅速かつ安全にトーンカーブを適用する事ができます。「トーンカーブを利用して画像の色調の補正がしたい」あるいは、「他のソフトには無い高度編集ツールを使いたい」という方は、ぜひ「FilmoraPro」をインストールしましょう。


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

FilmoraProのキーフレームで、こんなアニメーションもできちゃいます!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>