キーフレームでオーディオを高度調整できる動画編集ソフトTop5

Jun 18, 2020 • カテゴリ: 動画編集のスキル

1.キーフレームと動画編集との関わり

皆さんは「キーフレーム」という単語を聞いたことがあるでしょうか?動画編集ソフトを使用してビデオを作成している方には馴染み深いかもしれません。キーフレームについて説明する前に「フレーム」についても解説したいと思います。

動画の仕組みは、極端に言えば「パラパラ漫画」です。1枚1枚の画像(フレーム)を変えていくことで、動いているように見えるというわけです。フレームは1フレーム1/60とされており、一秒に60フレームまで描画できるということになります。これに関連して「FPS」という単語についてもお話しさせて頂きます。FPSとはframes per secondの略で、単位時間あたりのフレーム数を示す単位になります。これが30FPSなら一秒間に30フレーム、60FPSなら60フレームということです。このことから動画制作の際はフレーム単位での編集が必要になります。ここで立ち戻ってキーフレームについての説明に入ります。

キーフレームというのは対象となる画像の全情報を保存してあるフレームのことで、キーフレームでは無いフレームではその差分(キーフレームから描画が変わっている部分)の情報しか保存されません。差分情報のみを記録しているフレームが多ければ動画の容量が軽くなります。しかし動きのある動画では再生された際にガクガクとした映像になってしまうのです。キーフレームからの差分が大きい場合などに起こり得ます。

極端な例では、キ一フレームごとに全く異なる画像を切り替え表示すると意図した画面表示とはならないということです。反対にキーフレームを多くすれば映像がしっかりと描写されますが、ファイルサイズが膨大になってしまいます。適度な、「キーフレーム間隔」の動画を作ることが肝要になるわけですね。

2.キーフレームを使いオーディオを調整できる動画編集ソフトTOP5

そんなキーフレームを使って、音声トラックも併せて編集できれば素晴らしいですよね。今回は、キーフレームを扱うことのできる動画編集ソフトを5つ紹介したいと思います。

おすすめソフト1:FilmoraPro

一番お勧めなのは、Wondershare社のFilmoraProです。

Wondershare「FilmoraPro」

FilmoraProは同社が販売している動画編集ソフトFilmoraの上位バージョンになります。FilmoraProは映像処理に加え、細かい音声トラックの調整も可能になっています。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード


外で撮影した動画の風や自動車などの環境音を、除去することが可能なノイズ除去機能が搭載されています。また、複数の動画の音声トラックの頭出しを行い同期してくれる音声シンクロ機能などは特筆すべき技術でしょう。複雑な操作は必要なく、数クリックで処理が可能です。

詳しい「FilmoraPro」操作デモ(機能紹介とチュートリアル)

動画編集ソフトは、意外に音声トラック方面の力が弱いということがありますが「FilmoraPro」ならばそのような心配は不要です。オーディオの調整を含めた編集もばっちり行うことができます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード


おすすめソフト2:AdobePremiere

Adobe社より販売されているAdobePremiereは高機能な動画編集ソフトして有名です。ユーザー数も多く、解説サイトや動画も様々にありますのでお勧めできます。

Adobe Premiere Pro

おすすめソフト3:Vegas Proシリーズ

Vegasは1999年から続く老舗の動画編集ソフトです。映像のマスク処理や映像の被写体に合わせて、エフェクトを追尾することができるトラッキング機能などが簡単に使用できます。

Vegas Proシリーズ

ソースネクストにて販売されていますが、8割引セールなどが頻繁に行われているので、セール中の購入をお勧めします。

おすすめソフト4:Aviutl

無料の動画編集ソフトとしては最もユーザー数が多いと思われるのがこのAviutlです。Aviutlは少々操作が難解ですが、プラグインの追加など様々な効果を動画に付加することができる点が魅力です。

Aviutl

おすすめソフト5:PowerDirectorシリーズ

CyberLink社から販売されているPowerDirectorシリーズは直感的な操作で簡単にエフェクトをかけ、見栄えを良くすることや、他の動画編集ソフトのように細かな編集を行うことができます。

また360度カメラで撮影した動画も扱うことができるのは良いですね。

PowerDirectorシリーズ 

以上でソフトの紹介は終了です。この中から貴方に合ったものを探してみてください。

今回紹介したソフトを使って、動画編集に挑戦してみてはいかがでしょうか。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

キーフレームを使って、こんなこともできちゃいます!

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>