キーフレームという高度な編集機能を使える動画編集ソフトおすすめ5選

Jul 31,2019 • カテゴリ: 動画編集のスキル

1.キーフレームとは

高度な編集ができる動画編集ソフトにはキーフレームという機能があります。キーフレームはCG手法の1つで、数フレームおきに画像の形や位置、移動の変化を指定し、その間を補完することでアニメーションを作成できます。そのため、キーフレームはアニメーションを作成する場合に便利な機能です。

しかし、キーフレームが使えるソフトと言っても、正直どんな動画編集ソフトを利用すれば良いのか分からないと思います。そんな方の為にキーフレームが使えるおすすめの動画編集ソフトを5つ紹介します。

2.キーフレームが使えるおすすめの動画編集ソフト5選

さて、キーフレームが使えるソフトを5つ紹介していきたいと思います。

おすすめソフト1.FilmoraPro

キーフレームが使えるソフトと言っても様々ありますが、一番おすすめなのがFilmoraProというソフトです。

Wondershare「FilmoraPro」

本ソフトはWondershare(ワンダーシェア)が販売する動画編集ソフトで、プロ並みの動画を簡単に制作することができます。合成やトランジション、キーフレーム、モーショングラフィック、色補正ツールなどを使いこなすことで、思い通りに動画を編集できます。

そして、最も利用されているファイル形式に対応しているので、動画を出力する際には心配は不要です。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード


FilmoraProは動画を編集する作業効率も考えられています。

スピーディーで正確に動画を編集することができるので、作業の効率化で集中して編集に取り組めます。動画の細かいところまでこだわりたい方にとって、効率化は重要な要素だと思います。 他にもノイズ除去、プリセットでスピーディーに色を自動補正、VFXで映画のような迫力のある演出などの編集が可能です。

また、FilmoraProには無料の試用版があるので、購入するか迷うなら一度ダウンロードして使用感を体験してみてはいかがでしょうか。

詳しい「FilmoraPro」操作デモ(機能紹介とチュートリアル)

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード


おすすめソフト2.PowerDirector

CyberLink(サイバーリンク)が販売する編集ソフトで、快適な動作と高度な編集機能が特徴です。

PowerDirector

本ソフトは初心者でも簡単に操作することができ、充実したエフェクトやトランジション、タイトルなど、様々な機能を使うことで自分の思うままの作品が作れます。

長時間の動画編集でも効率的に作業できる編集ワークフロー、高度な編集も自在に適用、カスタム可能なデザインツールなど、一度では紹介しきれないほど様々な機能が用意されています。

また、本ソフトには25GBのクラウドストレージが付属しています。編集したものを安全に保存でき、どのデバイスからでもアクセスして作業を再開することも可能です。

おすすめソフト3.VideoStudio Pro

Corel(コレール)が販売する動画編集ソフトです。

VideoStudio Pro

本ソフトは他のソフトと違って動画を編集しながら学べるので、初心者でも安心して利用することができます。

編集機能も充実しておりテンプレートを使ったスピーディーな編集、自在に再生速度を変更、1500種類を超えるフィルターやエフェクトなど、沢山の機能で魅力的な動画を制作できます。 また、ほとんどのファイル形式に対応しているので、再生するデバイスに合わせて動画を出力できます。HDや4K、さらに360度動画も作成することが可能です。

おすすめソフト4.Premiere Elements

Adobe(アドビ)が販売する動画編集ソフトで、自動編集機能で簡単に動画編集ができる特徴があります。

Premiere Elements

本ソフトはAdobe SenseiのAI技術を活用して自動化しており、さらにガイド付き編集機能があります。そのため、初心者でも迷わずに動画を編集したり、作成したりすることが可能です。 また、簡単に本格的な動画を作れるのにも関わらず、動画の再生速度の調整やGIF作成、おまかせ編集、モーションタイトルなど、高度な編集ツールが利用できます。

おすすめソフト5.Premiere Pro

これもAdobeの動画編集ソフトで、映画やテレビ、Web向けに動画を作成することに適しています。

Premiere Pro

本ソフトは上級者向けではありますが、より高度な編集を動画に施すことが可能です。 映画制作、映像制作、YouTubeクリエイターなどが利用しているので、信頼性は高いソフトだと思います。 カラーグレーディングやオーディオの詳細設定、モーショングラフィックステンプレート、VR動画の作成など、様々な編集ツールがあります。


キーフレームが使えるソフトを5つ紹介しましたが、いかがでしょうか?

基本的にキーフレームは複雑な編集機能なので、高度な編集ができるソフトでしか利用できません。しかし、今回紹介したソフトは初心者でも簡単に扱えるので、キーフレームを使いたい方は是非参考にしてみて下さい。

キーフレームを使って、こんなこともできちゃいます!

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>