キーイング機能が使える動画編集ソフト5選

Jul 31,2019 • カテゴリ: 動画編集のスキル

キーイングとは?用途と効果を解説

「キーイング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

動画編集でカラーキーやクロマキーなどを利用して合成する際の処理になります。クロマキーやルミナンスキー、カラーキーなどで画像または動画から一部分を取り出すことをまとめて「キーイング」と呼んでいます。

キーイングを扱える動画編集ソフトおすすめ5選

ここまでキーイングについて解説してきました。ここからは実際にキーイングを扱える動画編集ソフトを5つ紹介します。

おすすめソフト1:FilmoraPro

一番お勧めなのは、Wondershare社のFilmoraProです。FilmoraProは同社が販売している動画編集ソフトFilmoraの上位バージョンになります。

Wondershare「FilmoraPro」

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード


様々なエフェクトや機能がプリセットされており、このソフト一本でキーイングを扱うことだけでなく、マスクやサウンドトラックの細かな編集なども可能です

詳しい「FilmoraPro」操作デモ(機能紹介とチュートリアル)

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード


おすすめソフト2:AdobePremiere

Adobe社より販売されているAdobePremiereは高機能な動画編集ソフトです。

。映画の撮影現場やテレビCMの撮影の際にも使われています。ユーザー数も多いため、解説サイトも充実しています。月額課金にて利用可能です。

AdobePremiere

おすすめソフト3:Video Pad

Video Padは無料の動画編集ソフトです。

こちらは無料ソフトの中でも動作が軽いものになっておりPCのスペックを必要としません。スマートフォンでの動画編集のように直感的な操作が可能なのも特徴です。

Video Pad

おすすめソフト4:Aviutl

Aviutlは無料ソフトの中では最も高機能なものです。

Aviutl

キーイングを扱えるだけでなくAfterEffectsも使用でき、プラグインの追加によって無数に機能を加えることができます。無料ソフトを探していてPCスペックに自信のある方へお勧めします。

おすすめソフト5:VegasProシリーズ

ソニー開発の動画編集ソフトです。

歴史が長く、毎年新バージョンに更新されているため機能追加が多いのが特徴です。クロマキーを使用した追従マスクなどに対応予定とのことで、今回紹介しているキーイング機能の革新が期待されます。

VegasProシリーズ


ソフトの紹介は以上です。この中から貴方に合ったものを探してみてください。

それぞれのキーイングの用途について

  • カラーキー
  • クロマキーとは違い、指定した色と似た「輝度」を取り出すことができます。

    明るさを基準に取り出すので、外からの光が入り込んでいる窓や扉などの白飛びしている部分を処理することができます。

    カラーキーを利用すれば、色味のないものが透過できるのです。例えば、白い服を透過して思い思いのデザインを合成してみたり、空の写真を利用して雲の色をカラフルにしたりすることができるのです。

  • ルミナンスキー
  • ルミナンスキーは元画像とそれを切り抜いたマスクを用意することで、背景に切り抜いた部分を合成する手法です。ニュース番組の映像に対するテロップ合成や別の動画に合わせたグラフの表示アニメーションなどでよく使われます。

  • インナーアウターキー
  • これは画像の一部分を切り抜くような感覚で使う手法です。切り抜きたい画像の外側を自分で指定してその内側を取り出す感覚です。

    少々手間がかかりますがクロマキーなどでうまく取り出せないものもきっちり指定することが可能です。

    このように、様々な方法でのキーイングが可能です。これを活用することでより良い動画を作ることができます。説明した中では、「クロマキー」が最も汎用性が高いでしょう。

    今回紹介したソフトを使って、キーイングを試してみてはいかがでしょうか?

    Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

    キーフレームを使って、こんなこともできちゃいます!

    Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

    fukuda

    編集長

    0 コメント

    コメント

    製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>