アンカーポイントが利用できる高度な動画編集ソフトおすすめ5選

Jun 18, 2020 • カテゴリ: 動画編集のスキル

1.はじめに

動画編集では、プロ仕様のものから、誰でも気軽に無料で使えるものまで、多くの動画編集ソフトがあります。 最近では、YouTubeブログやSNSのライブ配信で、毎日動画編集している人も多いと思います。 単に動画ファイルや写真をつないで、切り替える「トランジション機能」を入れるだけでは物足りなくなってきますね。 テキストや図形にアニメーションをつけるには、アンカーポイントが利用できる高度な動画編集ソフトが必要になってきます。 今回は、アンカーポイントを自由に操れる、おすすめの動画編集ソフトを5つ紹介したいと思います。

2.アンカーポイントが利用できる高度な動画編集ソフトおすすめ5選

優れた動画編集ソフトは現在多数リリースされていますが、動画編集ソフト選びでは、使用目的にあったコストや操作性が大切になってきます。 企業の成り立ちや、開発・販売の経緯、動画編集の特徴から、お好みの編集ソフトをチェックしてみてください。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

(5) Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Proは、1991年のQuickTime登場時に、Randy Ubillosにより開発された動画編集ソフト、Adobe Premiereの高機能版です。 QuickTime(クイックタイム)は、アップル社が開発する音楽・動画・画像・テキストデータを取り扱うマルチメディア技術です。 Premiere Proはハリウッドの映画制作者をはじめ、CM、ドキュメンタリー、ライブイベント、プロモーション分野のビデオグラファーが使っています。

Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Proの特徴

Premiere Proは、動画編集ソフトとして最初に開発された高機能なソフトウェアで、アンカーポイントを利用した編集が可能です。 映像制作では、編集、カラー、オーディオなどのプロが、チームで作品を制作するため、プロ共通のソフトとしてPremiere Proが使用されています。 価格が高いため、主に映像制作を仕事としている人が使用し、企業の使用では、プロのクリエーターを雇って導入することが多いです。

(4) AviUtl(エーブイアイユーティエル)

AviUtl(エーブイアイユーティエル)はKENくんによって1997年に開発された無料動画編集ソフトです。 AviUtl本体のみでも編集可能ですが、公式サイトに公開されているプラグインを使用することで、より高度な編集が可能です。 拡張編集プラグインでは、Lua言語を用いて作られた高度なアニメーション機能があり、さまざまなスクリプトが公開されています。 主にWindowsに対応し、基本的な動作が軽く、プラグインを入れても起動に時間がかからないうえ、商用可能な人気のフリーウェアです。

AviUtl

AviUtlの特徴

トラブルシューティングなどのネット情報が多く、初めて使用する人でも、操作方法に不自由しないコミュニティ充実のソフトと言えます。 しかし、DVDオーサリングやライティング機能が搭載されておらず、プラグインをインストールするのに時間と手間がかかります。 オーサリングとは、動画データをDVD-Videoデータに変換することで、ライティングとは、データをISOイメージファイルでDVDに書き込むことです。 AviUtlで作った動画をDVDに焼いても、一般のDVDプレイヤーで再生するには、別途、オーサリングやライティングのソフトが必要です。 AviUtlを使いこなすには、プラグインのソフトの知識が必要で、高度な動画編集をするには、それなりの知識や技術が必要になります。

(3) DaVinci Resolve (ダビンチ・リゾルブ)

DaVinci Resolve (ダビンチ・リゾルブ) は、blackmagicdesign社が開発・販売している動画編集ソフトです。 動画・音声編集、2D/3Dデジタル合成、カラーコレクション、グレーディング、映画用オーサリング、動画共有サイトへの投稿が可能です。 DaVinci Resolveの歴史は、1984年設立のda Vinci Systems社が2005年に開発した、業界でも有名なカラーコレクションシステムに遡ります。 2009年にブラック・マジック・デザイン社に買収され、編集/デジタル合成機能を組み込んで、動画編集ソフトとしてリリースされました。

DaVinci Resolve

DaVinci Resolveの特徴

パワーマスタリング機能で、レンダリング領域を必要としないリアルタイムのカラーグレーディングに対応しているのが特徴です。 アンカーポイントを利用した動画編集ができ、パーティクル、3Dテキスト、キーイング、ペイント、ロトスコープ機能も搭載されています。 [メディア] [エディット] [カラー] [Fairlight] [デリバー]のページで、各編集機能が効率的に操作できるシステムが取られています。 無料版と有料版があり、無料版でも、一部のエフェクトや機能が省略されているものの、ウォーターマーク無しで4Kまでの映像製作ができます。 高機能ですが、もとは映画制作のプロ仕様なため、ノードやフェアライトなど、専門的な知識や用語に慣れるのに時間がかかるかもしれません。

(2) FinalCut Pro X(ファイナルカット・プロ)

Final Cut Proは、アップル社が開発・販売するmacOS向けの動画編集ソフトです。 もともとは、アドビシステムズでPremiereを開発していたグループが、マクロメディアに移って、KeyGripとして開発していたソフトです。 KeyGripは後にアップル社に購入され、1999年4月に"Final Cut Pro"として発売され、2011年4月にFinal Cut Pro Xが発表されています。 オフライン環境のMacBookProで大筋の編集をし、仕上げを高機能なオンラインシステムで、スピーディーかつ容易に動画編集をします。 FCPで編集した映像を複数のデスクトップで共有し、テロップ装飾やアニメーション編集などの共同作業が可能です。 バックグラウンドでのレンダリングができ、クリップ管理ではクローズアップ、ワイドショットなどのグループ分け機能があります。

FinalCut Pro X

FinalCut Pro Xの特徴

アンカーポイントを利用してキー・アニメーションができるほか、レンズフレア、手ぶれ補正、ローリングシャッター補正も簡単に行えます。 Final Cut Proの編集画面は、「ブラウザ」「ビューア」「タイムライン」「キャンバス」のシンプルな4つの画面からなります。 「ブラウザ」に動画作成で使う素材(クリップ)を読み込み、「ビューア」で確認しながら、カット編集を始め、透明度、拡大・縮小なども変更できます。 「タイムライン」にクリップをドラッグ&ドロップしながら一本のビデを作り、「キャンバス」で全体を見ながら編集をブラッシュアップしていきます。 Macユーザー向けの高機能な動画編集ソフトですが、お値段がやや高めです。

(1) FilmoraPro(フィルモラプロ)

アンカーポイントが利用できる高度な動画編集ソフトで一番おすすめなのは、2019年5月に発売された最新機能が搭載されている「FilmoraPro(フィモーラプロ)」です。 FilmoraProは、『Filmora』の使いやすいシンプルな操作性を残しながら、編集、色調補正、カラーグレーディング、音声やオーディオ効果で、プロレベルの微調整を可能にしました。 Wondershareの社名には、wonderful(素晴らしさ)をshare(共有)するという思いが込めてられており、2003年の創設以来、実用性の高いソフト開発で高い評価を得てきています。

Wondershare「FilmoraPro」

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

FilmoraProの特徴

エフェクトのトランジション機能の充実のほか、アンカーポイントを利用して、思い通りのキーフレームアニメーションを簡単につけることができます。 プリセットも豊富でクオリティも高く、グレードの高いエフェクトが、スピーディに簡単につけることができます。 タイムライン上に無制限にトラックを追加しながら、自由度の高いプロ級の編集が楽しめます。 動画編集をこれから始めようとする初心者から、マルチメディアのクリエータとして活躍するプロまで、幅広い支持を得ているおすすめソフトです。 近年、FilmoraProの利用者が急増しており、Wondershare社のプロモーションも盛んで、・・・・・のキャンペーンが今人気です。

3.まとめ

YouTubeやSNSで動画配信する人も増え、TikTokやSHOWROOMなどのライブ配信も盛んです。 動画制作においては、自分の目的にあった動画編集ソフトを選ぶことが、配信の成功につながる第一歩です。 Premiere ProやDaVinci Resolveなどの高度な動画編集ソフトや、AviUtlのような、コミュニティの厚いフリーウェアがあります。 iPhoneで撮った動画をiMoveで簡単編集していた人も、Final Cut Proでワンランク上の動画編集に目覚めることができます。 また、近年ユーザーが急増しているFilmoraProでは、わかりやすい操作画面で、プロ級の動画編集が可能です。 FilmoraProは、動画編集をこれから始める人にとり、費用対効果で申し分のない優れた動画編集ソフトです。 複数の商品を検討しながら、ご自身の編集目的にぴったりの動画編集ソフトを見つけてくださいね。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

FilmoraProで動画編集を始める!まずはクイックスタートガイドから~

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>