動画編集のコツ:電気エフェクトを利用して何ができるの?

Jun 18, 2020 • カテゴリ: 動画編集のスキル

1. 電気エフェクトとは

電気エフェクトとは、稲妻や電磁波のような電気の流れを表現するエフェクトです。実際の撮影では、雷の発生する天候を選んで映像を撮ることはできません。動画編集ソフトを利用すれば、普通に撮影した映像に、暗闇や雨模様のエフェクトを加えながら、稲妻の閃光が走る嵐のシーンを作ることができます。今回は、電気エフェクトを利用して、曇りの日の映像を嵐のシーンに変える、動画編集のコツについてご紹介しましょう。

2. 電気エフェクトを簡単に使用できるソフト-FilmoraPro

FilmoraPro(フィモーラプロ)を使うと、簡単に稲妻などの電気エフェクトを映像につけることができます。

稲妻&電磁波エフェクト

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

[稲妻] は、[エフェクト] の [パーティクルーとシミュレーション] からつけます。 [パーティクルーとシミュレーション] には、[ガラスと雨の水滴] のエフェクトもあり、これらのエフェクトを重ねることで、嵐の雰囲気が増します。 また、[カラーグレーディング] の [擬似夜景] の効果をつけることで、画面を暗くして閃光をより鮮やかに見せることができます。 FilmoraProの電気エフェクトを利用して、「稲妻の走る嵐の夜の風景」を作成してみましょう。

3. 電気エフェクトで風景動画をよりパワフルにする方法

それでは実際に、稲妻の走る嵐の夜の風景を作る手順をご紹介します。

ステップ1:稲妻エフェクトの適用

画面左下の [メディア] [エフェクト]タブに切り替え、 [パーティクルーとシミュレーション]の▶︎をクリックしてドロップダウンメニューを出します。 もしくは、エフェクトパネルの[エフェクトを検索] 窓に[稲妻] または [電磁波]と入力して検索すると、[稲妻&電磁波]のエフェクトが表示できます。 表示された[稲妻&電磁波]を選択し、効果を加えたいクリップにドラッグ&ドロップで適用します。

稲妻&電磁波エフェクト

ステップ2:稲妻の位置の設定

開始ポイントをクリックすると、開始点と終了点の「丸いマーク」が現れますので、それをドラッグして雷の落ちる位置を調整します。

稲妻&電磁波エフェクト

この時、開始と終了のマークが見えない場合は、「ビューア」パネルの右下の、画像の表示倍率を小さくすると、映像の余白にマークが表示されます。

ステップ3:動画の一部に稲妻エフェクトをかける

カミソリのカットツールで、映像を短くカットして部分的に稲妻を適用すると、短い時間で表示される稲妻を作ることができます。

ステップ4:複数の稲妻を走らせる

イナビカリが夜空を走る様子は、[エンド] の [増加率]で、長さを伸ばすキーフレームを打つことで表現できます。

稲妻&電磁波エフェクト

稲妻の [エンド] を最初に「0」にしてキーを打ち、少し時間を進めて「1」にすると、稲妻が走る映像が作れます。 同時に、[開始] の [増加率]で、消してゆくキーフレームを打つことで、電気の流れが動いてゆく様子を表現できます。 また、作った稲妻エフェクトをコピーして、開始点とエンド点を変えることで、稲妻の数を増やし、複数の稲妻が落ちるシーンを素早く作ることができます。

稲妻&電磁波エフェクト

同じ映像にいくつもエフェクトを重ね、稲妻が走るタイミングをずらしてキーを打つことで、複数の稲妻がランダムに光るシーンが作れます。

ステップ5:擬似夜景のエフェクトをかける

稲妻の効果が目立つようにするには、曇りの日に撮影した映像に [エフェクト] の [カラーグレーディング] から [擬似夜景] のエフェクトをかけます。

稲妻&電磁波エフェクト

エフェクトのかかる順番を変えることで、効果の見え方も変わってきますので、上下の重なり順序を変えて、色々と試してみましょう。

ステップ6:ガラスと雨の水滴のエフェクトをかける

パーティクルとシミュレーションには、[稲妻&電磁波] の他に、[ガラスと雨の水滴] のエフェクトがあります。

稲妻&電磁波エフェクト

[ガラスと雨の水滴] のエフェクトを追加すると、「水滴の覆う窓から、雷が落ちる光景を見ている」映像が作れます。 [シミュレーション] では、[ドロップの数/秒]と[ドロップのサイズ]で、水滴の数と大きさを決めます。 また、 [シード] で、水滴が発生する量のパターンをランダムに変えることができます。 [レンダリング] では、ガラスの厚みなどを変更して、水滴の見え方などを変更しながら、窓越しに見える風景の微妙な様子を調整します。 さらに、[環境マッピング] で、水滴周囲に微妙な反射光をつけて、[変形]で、見え方を調整することができます。

稲妻の走る嵐の光景をイメージしながら、FilmoraProでさまざまなエフェクトを重ね合わせて、普通に撮影した動画を嵐の風景に作り変えてみましょう。

4. まとめ

FilmoraProの「電気エフェクト」を使って、夜空に稲妻が走る風景を作る動画編集の仕方を紹介しました。フラットに撮影した映像に色々なエフェクトを重ねて、迫力のあるリアルな嵐の夜の光景に変えることができます。各パラメーターは、キーフレームが打てるようになっていますので、稲光にアニメーションをつけることも可能です。また、作ったエフェクトはコピー&ペーストで他のファイルに貼り付け、方向やスケールを変更してランダムな稲妻を素早く作れます。FilmoraPro(フィモーラプロ)の便利な電気エフェクト機能を使って、動画編集のコツを身につけ、素材を最大限に活用しましょう。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

FilmoraProで動画編集を始める!タイムラインツール&主要機能

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>