Avidemuxで4K動画を編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

動画ファイルを編集する時に最新の高画質動画と言えば4K動画があります。4K動画を読み込んでから編集できる動画編集ソフトと言えば、そんなにはまだありません。ただし、4K動画を編集するには読み込みが出来る動画編集ファイルでなければ出来ないので、その場合は無料動画編集ソフトの中で何か良いものがないのか見てみたいと思います。出来れば、無料動画編集ソフトを利用してから、動画の分割や結合など動画全体の再編成や色や色彩などの編集などが出来れば最高です。そこで、今回は多数の動画ファイルフォーマットの読み込みが出来るAvidemuxで4K動画を読み込めないか見てみます。

Avidemuxで4K動画を編集する方法・手順

ステップ1:4K動画を読み込む

では、Avidemuxで4K動画を読み込んでから編集できるのか検証してみます。サンプルを使ってから実際にAvidemuxで読み込んでみました。Avidemuxで4K動画を読み込むには、意識する必要はありません。

Avidemuxを起動すると、他の動画ファイルと同じように4K動画ファイルを読み込むことが出来ます。まずはAvidemuxを起動すると編集画面が表示されるので、表示された編集画面の上部にあるフォルダーマークをマウスでクリックして、別のフォルダーウィンドウを表示させます。表示されたフォルダーウインドウの中から4K動画ファイルを選択して「ファイルを開く」をマウスでクリックします。そうすると4K動画がビューエリアへ表示されます。Avidemuxで4K動画読み込みできました。

4K動画を読み込む

ステップ2:4K動画を編集する

あとは、Avidemuxで字幕フィルター機能を使ってから動画を編集します。編集したいフィルターを使って編集するだけでOKです。

字幕用ファイルを用意する

今回は字幕を動画に入れることを行います。字幕を入れるには、元となる字幕用ファイルを用意しておく必要があります。拡張子が.ASSや.SSAファイルのものであれば字幕としてAvidemuxで読み込みが出来ます。字幕用の.ASSファイルを準備できたら、動画に字幕として読み込んでいきます。

字幕の入れ方

動画の字幕を移動したい場所まで移動させます。移動させるには、下部にある←→アイコンをクリックしてから字幕を入れたい位置まで動画を移動させます。←→アイコンの上部にスライダーバーが表示されていますが、こちらを直接マウスで触らないようにしてください。触ってしまうと動画を保存するときに出来ない可能性があります。動画位置を移動させるときには、←→アイコンを使ってから動画の表示位置を変更します。あとは、字幕の入っているASSファイルを読み込むだけです。

4K動画を編集する

編集画面上部にあるメニューの中から、「映像」をクリックしてからプルダウンメニューを表示させます。その中にあるフィルターを選択すると、利用できるフィルターエフェクトの一覧画面が表示されます。表示されたフィルターには「字幕」のエフェクトがあるので「字幕」をマウスでクリックすると利用可能のフィルターが右側に表示されます。表示されたASS.SSAなどをマウスでダブルクリックすると別ウィンドウが表示されるので、その中の字幕ファイルの欄の右側の「開く」をマウスでクリックするとフォルダーウィンドウが表示されるので、そのウインドウで挿入したいASSファイルを見つけてから「開く」をクリックして、指定のASSファイルが読み込まれて字幕が表示されます。これで字幕を動画に挿入することが出来ました。

Avidemuxで字幕を挿入するときには.ASSファイルなどを作ってから挿入しなければいけないので手間がかかります。

ステップ3:編集した4K動画を出力する

編集処理を行ったら、いったんファイルを書き出しておきましょう「形式」で指定するファイル形式は、基本的に素材と同じ形式を選びます。設定が済んだら、「保存」ボタンをクリックして、ファイルダイアログを開き、出力ファイル名を指定して「保存」ボタンをクリックします。

編集した4K動画を出力する

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使うと、ビューエリアのテキスト欄を直接入力して字幕表示をさせることが出来ます。テキストエディターを使うような感覚で、字幕を動画に挿入することが出来ます。


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>