AVS Video Editorの代わりになる動画編集ソフト

Wondershare Editor 編集者:

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1.AVS Video Editorについて簡単に紹介

動画を編集するのに、やりたい機能が出来る編集ソフトを使わなければ意味がありません。 そこで動画編集をするときにどのような編集をしたいのかがわかっていれば使うソフトも必然的に決まってきます。ただし、動画編集ソフトを選ぶときには無料と有料のソフトがあるので、どちらを使うかでも編集内容が大きく変わってきます。今回はAVS Video Editorソフトを使ってから動画を編集するときにどんな機能があるのかを見ていきます。

無料・有料関係なく、編集したい機能が無料のソフトでも十分可能であれば、無料ソフトを使っても良いし、有料ソフトのように付加価値が高いソフトを使ってからいろいろな編集をすることも出来ます。そこで、いろいろなソフトがある中でAVS Video Editor動画編集ソフトを使ってから動画を編集するのに、どのような機能があるのか見ていきます。

AVS Video Editor動画編集ソフトにはいろいろな機能が備わっていて、まずは動画の読み込みで、通常の動画ファイルの読み込みをする場合だけではなく、キャプチャー動画をそのまま編集することが出来ます。編集機能のアップにより、HD動画編集の速度が一段と速くなっています。さあに、DVDの作成だけではなくブルーレイディスクの作成も出来るようになっています。

そもそも、AVS Video Editorを利用出来る言語が他国後をサポートしていて、英語と日本語以外でも、フランス語・ドイツ語。・イタリア語・スペイン語・オランダ語・ポーランド語・デンマーク語・ロシア語をサポートしていて、たくさんの国で利用できるようになっています。まさに世界をまたに駆けてから、利用者がいるということです。動画の編集だけではなく、スライドショーなどにも対応しています。基本的な編集機能面で見ていくと、トリム・カット・動画の分割・動画の結合・動画の回転などさまざまな編集機能があり、、動画の編集をする上では必要な機能がそろっているのがAVS Video Editorではないでしょうか。当然編集できる動画ファイル景色としては、AVI、 VOB、 MP4、 DVD、 WMV、 3GP、 MOV、 MKVなどに対応していて、編集したい動画ファイル形式は基本的にそろっています。

Part2.AVS Video Editorの代わりになる動画編集ソフトの紹介

AVI、 VOB、 MP4、 DVD、 WMV、 3GP、 MOV、 MKVでも十分な編集機能や付加価値がありますが、AVI、 VOB、 MP4、 DVD、 WMV、 3GP、 MOV、 MKVで備えている機能はすべて備えているソフトとして「Filmora(旧名:動画編集プロ)」があります。こちらの動画編集ソフトの場合は、対応言語は25ヶ国語以上に対応していて、ウィンドウズだけではなくMACにも対応しています。

編集機能や入出力ファイル形式やデバイスへの出力なども、AVS Video Editor動画編集ソフトと同レベル以上の機能を備えていて、編集時に利用できるエフェクトの数も1000種類以上のエフェクトを利用することが出来ます。この、エフェクトの数はAVS Video Editorとは比較にならないくらい用意されていて、さらにプラグイン機能として、エフェクトを追加でダウンロードすることが出来るエフェクトセンターがあり、そこからダウンロードしてエフェクトは、ダウンロード後に「Filmora(旧名:動画編集プロ)」内へ自動的に追加されるようになっています。そのため、使う人は使いたいエフェクトをダウンロードするだけで、簡単にソフト内へ挿入することが出来ます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>