AVS Video EditorでAVI動画を編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」のダウンロードはこちらへ:

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

動画の編集をするときに、読み込む動画ファイルの形式は重要です。サポートしているファイル形式が決まっているので、出来ない動画ファイルもあります。動画編集ソフトを選ぶときに重要なのは、どういった編集が出来るのかということはたしかに重要ですが、その前に編集したい動画ファイルが読み込めなければ意味がありません。読み込みが出来てから編集できるものでなければ意味がないので、動画編集ソフトを選ぶときには、編集したい動画フォーマットが対象となっているのかどうかを見極めなければいけません。無料動画編集ソフトもありますが、この場合は、編集できるフォーマットが限られていて、編集したい動画ファイルを読み込めない可能性があります。

有料版の動画編集ソフトであれば、たくさんの動画ファイルフォーマットを編集することが出来ますし、出力フォーマットも多数そろえています。ただし、有料版の動画編集ソフトの場合は、体験版というのが無料で使えるものが多々ありますので、その体験版で編集したい動画ファイルを読み込むことが出来るのかどうかを確認してから購入することが望ましいです。そこで、今回AVI動画を編集するのに適したソフトとして、AVS Video Editorをおすすめします。

Part1.AVS Video EditorでAVI動画を編集する方法・手順

まずは、AVI動画にタイトルをつけてからエフェクトを挿入して、オープニング動画を作成してみます。AVS Video Editorを使ってからオープニング動画を作成してみます。

1:AVS Video Editorを起動してAVI動画をインポートします。

タイムライン上にあるメディアライブラリをクリックすると、上部にメディアライブラリが表示されるので、その中の「インポート」をクリックして、フォルダウィンドウを表示して動画を読み込みます。

AVI動画をインポート

読み込んだら、動画ファイルの一覧が表示されるので、その中の編集したい動画をマウスのドラッグ&ドロップでタイムラインへ挿入します。 挿入後に編集できるようになります。

2:AVI動画オープニング用にタイトルを挿入します。

タイムラインの上にあるテキストマークをクリックして、画面上部に使用できるテキストのエフェクト一覧が表示されます。利用したいテキストを選択して右クリックすると「テキストを追加/置換」というメニューが表示されるので、選択します。すると、タイムラインのテキストラインへ挿入されます。

AVI動画を編集する

テキストの文字を編集したい場合は、タイムラインのテキストをダブルクリックすると詳細情報画面が表示されます。詳細画面の右側にテキストの表示方法が選択できるんどえ、フェードイン表示にしてからオープニング文字をフェードインさせることが出来ます。たったこれだけを編集するだけで、オープニング動画らしくなりました。

3:最後に編集したAVI動画を保存する

タイムラインの上の「作成」をクリックすることで動画作成用のメディアを選択します。 ファイル・ディスク・デバイス・ウェブとすべての保存方法を指定できます。ここではファイルを選択して、右下の次へをクリックして次の段階へ行きます。すると出力ファイル形式がたくさん出てくるので、気に入ったテキストがあればそこで編集完了となります。

編集したAVI動画を保存する

Part2.AVS Video Editorの代替ソフトおすすめー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

それでは同じような編集は「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を利用した場合、編集画面構成はAVS Video Editorと似たような構成で、違和感なく使うことが出来ます。オープニング動画を作成するときにはフェードインテキストを挿入するのもマウス操作で出来ますし、その他のエフェクトも数え切れないくらいそろっています。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>