AVS Video EditorでMKV動画ファイルを編集する方法

Oct 28,2017 • カテゴリ: AVS Video Editor


「Filmora(旧名:動画編集プロ)」のダウンロードはこちらへ:

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1.AVS Video EditorでMKV動画を編集する方法・手順

MKV動画ファイルを編集してプロ化おまけの動画へ編集したい場合に使うソフトと言えば限られてきます。単にタイトル程度を入れるだけであれば無料ソフトを使えば簡単に編集できますし、初心者でも簡単に編集することが出来ます。それだけでは物足りないという人のために幾つかMKV動画ファイルを編集することが出来るソフトを紹介したいと思います。ただしMKV動画ファイルをのフォーマットやどういう動画フォーマットなのかもあわせて知っておいてもらいたいと思います。

では、動画ファイルという物はどういうものでしょうか。MKV動画ファイルという物は、もともとはaviファイルの欠点を解消するために開発された規格で、オープンソースのため自由に変えることが出来ます。映像だけではなく、音楽やテイストなどの複合的なファイルコーデックとなっています。コンテナファイルとして開発されていてDVDビデオのように再生をすることが出来るファイルとなります。このようなMKVファイルを編集するために動画編集ソフトとしては、AVS Video Editorがおすすめです。AVS Video Editorを使ってからMKV動画ファイルを読み込んで編集することが出来ます。それではAVS Video Editorを使ってからMKV動画ファイルを編集してみます。

1:AVS Video Editorを起動してから編集画面を表示します。 最初にメディアファイルの読み込みでMKVファイルを読み込みます。

編集画面のタイムラインの上にあるメニューのメディアライブラリをクリックします。左上にメディアライブラリの読み込み方法が出てくるので、「インポート」をクリックしてフォルダウィンドウを表示します。表示されたウィンドウでMKV動画ファイルを選んでから、「開く」をクリックして読み込みます。

MKV動画をインポート

2:読み込んだあとはタイムラインへ挿入しなければ編集は出来ません。

マウスでライブラリにある動画ファイルをドラッグして、タイムライン上でマウスのドロップをします。タイムライン上には動画が挿入されました。

3:挿入された動画にエフェクトを追加してから動画として飾り付けをします。

この動画にビデオこうかを挿入します。タイムライン上のメニューの「ビデオ効果」をマウスのドラッグ&ドロップでタイムラインへ挿入します。動画にAVS Video Editorがすでに提供しているエフェクトきんおうを使ってから追加でアクション動画を挿入します。

MKV動画を編集する

桜のはなびらが落ちていくエフェクトを入れるには、ビデオ効果を選択した状態でタイムライン上へ挿入して飾りつけをすることが出来ます。

Part2.AVS Video Editorの代替ソフトおすすめー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

AVS Video Editorと同じような動画編集機能としては、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使えば付かせるエフェクトの数も変わってきます。AVS Video Editorのタイムライン上に効果ビデオを挿入することで簡単に動画編集ソフトはそこまでありません。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」であれば、動画編集にはどうすることが出来るのでしょうか。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使ってから編集操作を行うだけで編集が完了します。ビデオ効果を挿入していくことでエフェクトだけ多くの人がこの機能を使ってから自分らしいの動画を作成することが出来ました。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」自体はAVS Video Editorとほとんどの場合は、すべての機能がAVS Video Editor以上のものとなっています。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

動画編集を始めよう!Filmora操作ガイド


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>