AVS Video EditorでVOB動画を編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

最近の動画にはいろいろな動画ファイルフォーマットがあり、どの動画がどのようなフォーマットなのかということがわかりません。知らないでも動画を再生したりすることが出来るような環境が出来ています。実際に、動画の再生だけではなく、動画の編集を行うことも出来ます。ファイルフォーマットの種類が増えるのと同じように、動画を編集するソフトも経ていて、現在は、数え切れないくらいの動画編集ソフトがあります。パソコンだけではなく、携帯端末向けの動画編集アプリなどもあり、どれを選んでから動画の編集を行えばいいのかがわからなくなるくらいです。

動画を編集するときには、どういった編集を行いたいのかがはっきりとしている場合は、見つけやすく、初心者でも簡単に使えるソフトと言えば、そんなにはないのではないでしょうか。そこで、今回はVOB動画ファイルを編集することが出来るソフトを探してみて、AVS Video Editorがおすすめです。


「Filmora(旧名:動画編集プロ)」のダウンロードはこちらへ:

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1.AVS Video EditorでVOB動画を編集する方法

AVS Video Editorは編集するときのメニューが少なくシンプルなメニューとなっていて、複雑な操作をする必要がありません。初めて使う人でも、何回か使っていると直ぐに慣れてから、機能を十分に使いこなすことが出来ます。 VOB動画ファイルを編集するときにはAVS Video Editorを使ってから編集をしていきます。

ステップ1:VOB動画ファイルを読み込みます。

読み込んだVOB動画にオーバレイを行うには、メディアライブラリの別の動画ファイルを選んでからタイムラインへマウスでドラッグ&ドロップをすることでタイムラインへオーバレイ動画を挿入することが出来ます。

VOB動画を読み込む

ステップ2:VOB動画の再生時間を変更する

挿入したオーバレイ動画の再生時間を変更するには、タイムライン上の動画の端の部分を左右へ移動させることで長くすることが出来ます。
挿入したオーバレイ動画に位置をずらしたい場合は、オーバレイ動画の上にマウスを置くと手のアイコンが表示されるので、そのときにマウスを移動させると、オーバレイ動画が移動できます。

VOB動画を読み込む

ステップ3:VOB動画に文字を入れる

タイトルや動画の途中で文字を表示させたい場合は、タイムライン上にあるテキストをクリックすることで、利用できるテキストのエフェクト一覧が上部に表示されます。 利用したいテキストを選択してからマウスのドラッグ&ドロップでタイムラインへ挿入することが出来ます。挿入時には、テキスト表示の長さを調整しなければいけません。テキスト表示の長さを調整するのにも、マウスでバーの端をクリックしてから左右へ移動させれば自由に時間調整が出来ます。

VOB動画に文字を入れる

ステップ4:編集したVOB動画を保存する

編集したVOB動画を保存する

Part2.AVS Video Editorの代替ソフトおすすめー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

AVS Video Editorで編集したいVOB動画ファイルの編集が出来ない場合は、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使ってからVOB動画を編集することをおすすめします。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の場合は、AVS Video Editorと操作性は良く似ているので、AVS Video Editorを使っている人であれば「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の操作は簡単に覚えます。編集でイル機能でも十分いそろっていて、エフェクトはAVS Video Editorよりもそろっていて、いろいろな編集をすることが出来ます。

さらにエフェクトを追加で挿入することが出来るように、エフェクトセンターがあるので、そこからダウンロードしてエフェクトを追加することが出来ます。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の編集画面の右上に「エフェクトセンター」があるので、マウスでクリックしてからエフェクトセンターが表示されます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>