AVS Video EditorでWMV動画ファイルを編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

WMVファイルの動画編集を行うのに、WMV動画ファイルとは何なのかを知っておいたほうが編集をするときにもやりやすくなります。動画の簡単なフォーマットを知っておくことは大切です。何も知らないで編集をするよりは、知ってから編集をしたほうが、最終的にどうなるかがクリアされてから編集することが出来ます。

WMVファイルを編集するのには動画編集ソフトが必要になりますが、無料・有料のソフトがありまして、無料の編集ソフトでも、初心者であれば十分役に立ちますが、編集能力が上がったときに多くの動画編集ソフトでは物足りなくなると思うので、有料の動画編集ソフトを利用することをおすすめします。今回は、AVS Video Editorを利用することで、編集も徐々に上達していき、プロ並みの編集をすることが出来ます。


「Filmora(旧名:動画編集プロ)」のダウンロードはこちらへ:

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1.AVS Video EditorでWMV動画を編集する方法・手順

それでは、AVS Video Editorを使ってからWMV動画ファイルを編集していきます。AVS Video Editorにはいろいろなエフェクト機能が備わっていて、どれから使うか迷うくらいです。まずは、簡単なところで、映像にBGMを入れてから音響効果を挙げてみます。

1:AVS Video Editorを起動して編集画面を表示します。

画面構成としては下部にタイムラインといって動画の作業エリアがあります。画面左上には、利用できるメディアやエフェクトの一覧が表示されます。画面右上には、編集後の動画の再生エリアがあります。大きく分けてこの3つのエリアで構成されています。

2:では、WMV動画を読み込んでみます。

最初にタイムラインの上にあるメディアライブラリをクリックします。上部にすでに読み込まれている動画があれば表示されます。WMVファイルを読み込むには左上の「インポート」アイコンをクリックして、フォルダウィンドウを表示します。このフォルダウィンドウで読み込みたいWMV動画ファイルを探して、選択してから「開く」をクリックするとオブジェクト欄に表示されます。

このままでは変種は出来ないので、マウスのドラッグ&ドロップでオブジェクトのメディアファイルをタイムラインへ挿入します。挿入するときは、タイムラインの中央へドロップしなければうまく挿入できません。これWMV動画ファイルの挿入まで完了しました。

3:これだけでは映像のみの挿入となるので、WMV動画に音楽を挿入します。

動画ファイルと同じように、メディアライブラリの「インポート」をクリックしてフォルダウィンドウを表示させます。表示したウィンドウで挿入したい音楽を選んでから「開く」をクリックします。そうすると、音楽がプロジェクト欄のオーディオに一覧として挿入されます。

挿入された音楽をマウスのドラッグ&ドロップ機能でタイムラインへ挿入します。挿入された音楽がきちんと動画と一緒になっているかを、画面右側のビューエリアの再生ボタンをクリックして再生してみます。うまく再生できれば、BGMの挿入完了です。

Part2.AVS Video Editorの代替ソフトおすすめー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

AVS Video Editor出ファイルが読み込めないような場合は、同じような画面構成で、機能面も同じものが幾つかある「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使ってから、BGMを動画に挿入することが出来ます。 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」であれば、タイムラインへの挿入時に、真ん中でなくても簡単に挿入することが出来ます。この辺がAVS Video Editorと「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の大きな違いです。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>