メイクアップ動画を撮影する方法

Wondershare Editor 編集者:

ビューティー系の動画をYouTubeで公開するには、動画を撮影しなければいけません。 ビューティー系動画の中でも、メイクアップ動画を撮影する場合、どんな動画を撮影すればいいのか、どのようにして撮影すればいいのかをもっとよく知らなければ、メイクアップ動画を撮影することが出来ません。

そこで、メイクアップ動画を撮影する上で最低限知っておかなければいけないことをここで説明します。何も知らないでメイクアップ動画を撮影しても、誰も見てくれませんし、チャンネル登録してもらえません。少しでも視聴者が興味を持って盛るように、メイクアップ動画を撮影するために必要な撮影方法をいくつか紹介します。

メイクアップ動画を撮影するために必要な撮影方法

事前準備を行うこと

メイクアップ動画を撮影するときに、最初に準備しなければいけないこととして、顔に影を造らないということが重要です。 顔に影を造らないようにするには、照明を以下にして使うかというのが重要で、照明器具を選びます。

メイク動画に最適な照明機材

リングライトが有効です。リングライトを正面から当てることで、顔に影を造らないというのは当たり前で、肌の血色さえよくなります。リングライトを使わない場合と使った場合で、撮影をしてみてその違いを見てみてください。

まずは、撮影した動画を自分で確認をするということも、重要なメイクアップ動画の撮影です。カメラと同じ位置からリングライトを照明で当てることだけでもこれだけ変わりますが、さらにきれいに見せるためには、クリップライトを左右から2台で照明として当てることで、より影を造らずきれいな肌を撮影することが出来ます。

メイクアップ道具は事前に並べてからおいておくこと

メイクアップ動画は、室内で撮影するので、照明の効果は重要な役割になります。撮影をするときに、準備をしっかりと行っておく必要があります。今から行うメイクアップで使うメイク道具は、事前に目の前に並べておくと撮影中に順番に使っていくことが出来ます。 ただ置いているだけですと、メイクをするときに無駄な動作をしてからメイクの時間が止まってしまいます。メイクを順番にスムーズに行うためにも、左からメイク順にあわせてメイク道具を並べておきます。そうすることで、使うメイク道具を間違って取ることはなくなります。後は、メイク道具はすぐに使えるように開いてから取り出しておくと、撮影時に手に取るだけで簡単にメイクに入ることが出来ます。

撮影したい部位がカメラからずれないようにしておくこと

メイク道具を紹介するときは、道具だけをカメラに向けるとピンボケを起こしてしまうことがあるので、手のひらを添えてからカメラにメイク道具を見せるようにすれば、ピンボケがなくなります。きちんとメイク道具を紹介したい場合は、手のひらを添えてからカメラに向けることを頭に入れておいてください。

カメラを綱に意識して、カメラの中心に自分のメイク部分が移るように常に鏡を見ながら位置を確認しなければいけません。視聴者が見る上でどの撮影方法がきれいに見えて、どの順番で撮影をしていくとわかりやすいのかなども考えてから撮影に入ることも重要です。 行き当たりばったりに撮影をするのではなく、撮影前にある程度ストーリーを考えてから撮影に入る必要があります。

子までを整理すると、まずはメイクアップ動画を撮影するには、事前準備を行うこと、メイクアップ道具は事前に並べてからおいておくこと、撮影時には十分な照明を当てること、カメラを意識して、撮影したい部位がカメラからずれないようにしておくこと、撮影が終了したら、後は動画を自分で見てからだめな部分はもう一度撮影をしなおす手間を惜しまないことなどを注意してメイクアップ動画を撮影すると、失敗しないで撮影することが出来ます。

撮影したメイクアップ動画をおしゃれに編集できるソフトー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

ビューティーコレクション- メイクアップ動画をもっとおしゃれに


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>