初心者必見!メイク系動画を始めるときの注意点

Wondershare Editor 編集者: Jun 22,2017 18:17 pm

メイク動画を作成するときに、注意しなければいけないことがいくつかあります。特に初めてメイク動画を編集して公開する場合は、特に注意しなければいけません。実際に、メイク動画といってもいろいろなメイク動画があります。どのテーマにしてから動画を撮影するかということを最初に決めなければいけません。

どんあメイク動画にするのかをきちんと決め手から動画撮影をしないと、どのようにして動画を撮影して、どのような説明をすればいいのかがわかりません。初心者は特に要点が決まらずに、何を紹介しているのかがわからないような動画が出来上がってしまいます。テーマが決まったら後は動画の撮影をします。動画の撮影をする場合でもいくつか注意点があります。動画撮影の注意点をしっかりと理解してから撮影に入らないと、また、手順が悪くて、視聴者が見てから何を言いたいのかがわからないという意味のない動画になってしまいます。

メイク系動画を撮影するときの注意点

1つ目:テーマ決め

初心者がメイク系動画を始めるための最初に注意しなければいけないこととして、テーマ決めを行います。メイク動画といっても、いろいろなテーマがあります。初心者がテーマにするのには最適なのが、普段のメイクシーンをそのまま動画にしてから紹介するのが、初めてメイク動画を作成して公開するのにはあっています。普段のメイクをそのまま動画にするので、気軽にはじめることが出来ます。

あとは、簡単メイク法として、5分メイクや10分メイク法など誰でも時間がないときに出来るメイク動画などは、参考になるメイクになります。そのため、視聴者が朝の時間がないときに行うメイクの参考に出来ます。あとは、普段使っているメイク道具の紹介動画なども初心者であれば、簡単に紹介することが出来ます。ここまでが初心者がメイク動画を作成するテーマとしてはやりやすいテーマです。実際に、顔全体ではなく、目に特化したメイク動画も自分を動画に出したくないような人には、目だけのメイク動画であれば恥ずかしくなく、堂々と紹介できます。ではアイメイクを動画で撮影します。

2つ目:動画撮影の手順

動画撮影を行うときにまずは手順があります。メイク前の顔、メイク中の顔、メイク後の顔とこの流れで、スッピンからメイク後にどのくらいのメイクが出来あがるかをしっかりと動画で撮影しなければいけません。メイク前に、髪の毛を止めてから顔がよく見えるようにしなければいけません。ではメイクを始めていきます。部分メイクなので、カメラを撮影した目を中心に撮影できるように、カメラをセットします。セットしたら、実際にメイク前の状態を動画で撮影して、メイクを始めます。

3つ目:カメラや照明を調整する

メイク中は出来るだけきれいに写るようにカメラや照明を調整します。調整が出来てから、初めてメイク動画の本番の撮影に入ります。アイラインを入れるときには目を節目がちにメイクをしているところを撮影すると、視聴者からよくわかります。動画で撮影する場合は、普段のメイクよりも濃い目にメイクをすることが重要です。これが一番大事なことで、普段通利のメイクをしていると、メイク中とメイク後に変わった部分がわかりにくくなります。そのためにも普段より濃い目のメイクをします。

メイク中で注意しなければいけないのが、フレームアウトとしないようにしなければいけません。メイク中でも、カメラ画像を確認しながら、フレームアウトしないようにしなければいけません。撮影中に鼻の下が伸びたりしないように、撮影部位以外はなるべく表情を変えないようにしなければいけません。メイク中はよりスマートに見せることで、メイク後の変身がよりきれいに出来上がります。

メイクアップ動画を編集するソフトー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

ビューティーコレクション - メイクアップ動画をもっとおしゃれに

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。