SUMMERキャンペーン・第二弾

ビジュアルエフェクトがカッコ良い動画まとめ

Wondershare Editor 編集者: May 15,2017 10:42 am

最近は、YouTubeやFacebookなどに、個人が投稿したビジュアルエフェクト付きのカッコ良い動画が投稿されています。さまざまな特殊効果がほどこされており、プロの編集者が処理を行ったのではないかと思うほど完成度が高いものもあります。 ビジュアルエフェクトがカッコ良い動画を以下のようにまとめてみましたが、どれも素晴らしいものばかりです。

ビジュアルエフェクトがカッコ良い動画をまとめる


従来は、これらのような動画を作成するための技術が、映画配給会社やテレビ局、広告代理店などの専門機関にしかありませんでした。特殊映像機器を使って、さまざまなビジュアルエフェクトを入れていましたので、個人が真似をすることが難しかったのです。しかし、最近は、さまざまな個人向け動画編集ソフトが発売されています。日本国内、海外の業者からいろいろな種類のソフトが提供されていますが、高額な必要が必要なものや英語対応しかないものなどがあり、リーズナブルな価格で簡単にビジュアルエフェクトを駆使してカッコ良い動画にまとめられるソフトを探すのは簡単ではありません。そんな中、Wondershare社が提供している動画編集ソフトである「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は、初心者でも簡単にカッコ良い動画を作成できることで支持を集めています。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Block Buster コレクションVol.1 & 2(爆発、レーザー光線、スパーク、隕石、火炎など)|Filmoraエフェクトストア


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Wondershare filmora及びBlockbusterエレメントを紹介する

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の機能を購入前に試してみたいと考えているユーザーに対して、Wondershare社のホームページに無料の体験版ソフトが掲載されています。体験版ソフトを試すことによって、filmoraのさまざまな機能を試すことが可能になっています。さらに、Wondershare社から、filmora専用のプラグインVFXソフトであるBlockbusterも提供されています。filmoraとBlockbusterを利用することで、前述のまとめのようなカッコ良い動画を簡単に編集することができます。自分のパソコンなどのデバイスにfilmoraとBlockbusterをインストールすれば、すぐに動画編集作業に入ることができます。filmoraの特徴として、「ドラッグ・アンド・ドロップ操作」と呼ばれる「クリックして、つかんで、落とし込む」処理で多くの作業が完結できることがあります。

ステップ1:filmoraをデバイスで起動させ、編集する動画をドラッグ・アンド・ドロップ操作によって、インターフェイスと呼ばれるウインドウに落とし込みます。

ステップ2:インターフェイスに入った動画を、タイムラインと呼ばれるウインドウ下部分に入れ込みます。タイムラインに入れ込むことで、どの時間帯にどのような動画が流れるかを可視化することができます。

ステップ3:続いて、デバイスにインストールしたBlockbusterを、filmoraのインターフェイスにインポートします。そうすると、Blockbusterのさまざまなエレメントが表示されます。銃撃、爆発、閃光、レーザー、地面割れなど、いろいろなビジュアルエフェクトのなかから好きなものを選び、ドラッグして、動画の入れ込みたい場所にインポートします。

ステップ4:編集した動画は、インターフェイス右上の画面で確認可能です。問題がなければ、ファイル名と保存先を入力します。そのままYouTubeやFacebookに投稿することもでき、とても便利です。ビジュアルエフェクト付きのカッコ良い動画をとるのは、ここまで簡単になっています。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。