プレゼン動画を作成する時の5つのポイント

Wondershare Editor 編集者:

プレゼンテーションを行うときに必要なのがプレゼンテーション用の資料です。資料といっても、プレゼンテーション用のモニターで映像として流すことで、視覚的に視聴者を引き付ける必要があります。あくまでも脇役ですが、インパクトのあるプレゼンテーションができるかどうかが、今後商品やサービスの売れ行きが左右されます。プレゼンテーションはテレビコマーシャルのような重要な効果があります。

プレゼンテーションのやり方しだいで、商品やサービスに対するイメージががらりと変わってきます。イメージ戦略としても利用することができるのが、プレゼンテーションです。そんな、イメージ戦略をしっかりと行うことができるのが、プレゼンテーションであり、最近は動画によるプレゼンテーションが主流となってきています。では、具体的にプレゼンテーションを有利に進めるためのポイントがありますので、そのポイントを5つ紹介します。簡単ポイントなので、プレゼンテーション動画を作る人には目から鱗の重要なポイントです。


Part 1:プレゼン動画作成のポイント5つご紹介

ポイント1:ナレーション

プレゼンテーション動画作るときのポイントの1つめは、ナレーションです。動画の場合、ナレーションをどうするかでプレゼンテーション自体の出来が変わってきます。ナレーションで使用する声ですが、できれば女性の声でナレーションをするほうが効果的です。動画に色を付けるのがナレーションであり、文章を入れるだけではなく、音声で説明することが重要です。ナレーションには、女性の声でストーリー性を持たせたものにするだけで、イメージがだいぶ変わってきます。

ポイント2:画像の解像度

ぼけた動画と、鮮明な動画では、見る人に与えるイメージまったく違ってきます。解像度が頼りなければ、より鮮明に見せるために画像自体を明るく見せるようなエフェクトを入れる必要があります。

ポイント3:BGM

商品やサービスの内容によってBGMを帰ることが重要です。明るい夏に向けての商品やサービスを説明するときに、暗い冬を連想させるようなBGMだとまったくのイメージダウンになってしまいます。BGMによるエフェクトは重要なものです。

ポイント4:動画に文字をあまり入れないで表や図をうまく使う

4つめは動画に文字をあまり入れないで表や図をうまく使うようにします。昔のプレゼンテーションの場合は、動画ではなくテキストがメインでしたので、文字をいかに効果的に入れるかでイメージが変わっていましたが、最近の動画ですと、文字よりも表や画像でイメージアップを図ったほうが効果的です。

ポイント5:文字のサイズと入れる位置

最後が、文字のサイズと入れる位置には注意が必要です。文字静はできるだけ大きくしてから、動画の中でどの位置に文字を表示させるかは重要となります。

プレゼン動画作成ソフトおすすめー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」及びビジネスエフェクトを簡単に紹介する

動画プレゼンテーションで重要なのはエフェクトです。動画ならではのエフェクトを演出するためには、いろいろなエフェクトを利用したプレゼンテーション動画は必要不可欠なもので、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」では編集ソフトを立ち上げた時点でエフェクトストアと連結されていて、ストア内にあるビジネスに効果的なエフェクトを選ぶことができます。

filmoraのダウンロードはこちらへ:

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

プレゼンテーションを再生しながら、エフェクトストアを見てどのビジネスエフェクトがこの場面に合っているのかを検証することができます。ビジネスに特化したエフェクトセットやパックが準備されているのが「Filmora(旧名:動画編集プロ)」のエフェクトストアです。WEBに特化したようなエフェクトセットやマーケティングに特化したエフェクトなど、それぞれの職種にあったプレゼンテーション用のエフェクトがまとめて動画で使うことができます。ビジネスコレクションを利用するにはこちらへ

ビジネスコレクション - ビジネスアイデアを洗練されたデザインで演出


filmoraのダウンロードはこちらへ:

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>