EDIUS ProでWMV動画ファイルを編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

動画ファイルには2種類あり、映像だけを格納するファイル形式と、コンテナのような箱が用意されていて、その箱の中に、映像・音楽・字幕など複合的なデータを格納することが出来るフォーマットに分かれます。WMVファイルの場合は後者のコンテナ形式のファイルフォーマットとなります。

WMVファイルの中には、映像だけではなく、音声や字幕などのテキストデータも一緒に格納されています。このコンテナファイルのWMVを編集するためにどのような動画編集ソフトを利用すればスムーズな編集が出来て、初心者でも十分に可能な編集が出来るかを見ていきます。動画編集ソフトの中では高機能のソフトであるEDIUS Proを使ってから、映像や音楽の編集をして見ます。


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1.EDIUS ProでWMV動画を編集する方法・手順

ステップ1:WMV動画編集前の準備

EDIUS Proを使って、WMVファイルオ編集をするには、EDIUS Proソフトを起動します。起動したEDIUS Proの編集画面が表示されるので、編集画面の上部にあるファイルのアイコン「クリップの追加」をクリックしてから編集したいWMVファイルを読み込みます。読み込みが完了したら画面右側のビンウィンドウに一覧表示されます。

WMV動画を読み込む

動画をタイムラインへ挿入すると編集が可能となります。今回は、WMVファイルに音声を挿入してナレーションとして利用します。

ステップ2:WMV動画にナレーションを挿入する

アフレコを入れるには、パソコンにマイクを接続します。マイクを自動認識してくれるので、あとはEDIUS Pro側の操作になります。 オーディオトラックを追加します。タイムラインの左にあるトラックヘッダーを右クリックして「追加」をクリックするとプルダウンメニューが表示されるので「上に追加」をクリックします。これでナレーション挿入の準備が出来ました。

WMV動画にナレーションを挿入する

次に挿入する開始点にカーソルを移動させてから、マイクボタンをクリックしてからボイスオーバーウィンドウを表示します。あとはマイクに向かって発声していけば、音声を録音することが出来ます。ナレーションを入れていくときは、ボリュームメーターを見てから0DBを超えないように発声していきます。ボイスオーバー編集画面上の出力先は、トラックになっていることは事前に確認をしておいてください。これでナレーションを入れていけば、動画の中にナレーションが挿入されます。これで動画内にナレーションを挿入することが出来ます。

Part2.EDIUS Proの代替ソフトおすすめー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

EDIUS ProでWMVファイルを読み込むことが出来ない場合は、代用として「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使ってからナレーションを挿入することが出来ます。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」では編集画面がEDIUS Proほど複雑にはなっていないので、初心者が使っても簡単にナレーションを挿入することが出来ます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

  1. WMVファイルを読み込んでから、タイムラインへマウスのドラッグ&ドロップで挿入まで終わると、「ナレーション録音」というのがあるので、こちらをクリックして音声録音ウィンドウを表示します。
  2. マイクをパソコンにつなぐだけで準備が完了します。
  3. あとは録音ボタンをクリックすると3秒後に録音が開始されるので、ナレーションを発生していけば録音できます。
  4. 録音が終われば、動画にあわせてから音声を調整すれば完成です。

このように「Filmora(旧名:動画編集プロ)」ではプロ並みの編集ができるわりには、初心者でも簡単に操作が出来るような工夫がされています。EDIUS Proのように編集機能は複雑ではなく、できるだけシンプルな操作ですべての動画編集が出来るように製作されているので、誰でも利用しやすいソフトです。

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

オーディオ分離・フェードイン・フェードアウトーオーディオの基本編集

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>