ファッション系動画を編集!BGMをいれるときのコツ

Wondershare Editor 編集者:

動画編集では欠かせないBGMがあります。BGMにはいろいろなテンポの音楽をその動画にあわせたものを選んでから挿入すると、動画がよりかっこよくなります。そんな動画の中でも、ファッション系動画に入れるBGMというものがあり、BGMしだいで、ファッション動画の出来栄えが大きく変わってきます。

一番ファッション系動画の中でも、最先端のBGMが利用されているのがファッションショーなどで使われているBGMではないでしょうか。ただし、素人がファッション系動画で使うBGMでは、著作権などの関係上限られたBGMの中から選んで入れなければいけません。

ファッション系動画にBGMをいれるときのコツまとめ

BGMを入れるときにはその撮影している動画のジャンルにあわせて変えないとせっかくのBGM効果が半減します。プロフィール動画では、ゆったりとしたBGMを入れてからしっかりと紹介できるような雰囲気を音楽で作ることが重要です。では、ファッション系のBGMをいれるときには、どういったBGMを挿入すると、動画を効果的に視聴者に提供できるのでしょうか。

軽快な音楽を入れてから軽い雰囲気を見せること

ファッションは、軽快な音楽を入れてから軽い雰囲気を見せることが重要です。BGMによったりとしたものを入れてしまうと、ファッション自体がぼんやりとした動画に見えてしまいます。そのため、ファッションを紹介するときには、全体的には軽快なPOP音楽や、ダンスミュージックなどを流すようにすれば、よりファッションに輝きを持たせることができます。活動的なファッションを演出するときには、より軽快なPOPなどを挿入して、運動をイメージできるような音楽を挿入することで、効果が倍増します。ただし、ファッションでもお嬢様風の服を着る場合は、POP系でもどちらかというとゆっくりとした流れの音楽をBGMとして流したほうが生えます。

どのようなテーマで作っているのかということ

ファッション系で使うBGMは、そのときのファッションの種類によってもBGMを変えてから流したほうが、服に合った音楽で、ファッションの良さを引き出すこともできます。 このように、ファッション系の動画編集を行うときには、BGMがより重要になってきます。 ファッション系のBGMをいれるコツには、今回のファッションはどのようなテーマで作っているのかということが非常に重要になります。

女性のファッションの中でもボーイッシュで活動的なファッションをイメージして紹介したい場合では、洋楽で音楽に合わせた思わずリズムを取りたくなるようなBGMが合っています。エレガントな女性らしいファッションの場合は、軽快なJ-POPなどをBGMに入れると、視聴者が集中してみてくれます。音楽に合わせた動きを見せることで、着ている洋服がより輝いて見えるというのが本来のファッションショーです。そのファッションショーに少しでも個人が紹介するファッション動画でもできるようにするには、BGMも動きを強調するダンスミュージックやPOPを挿入することで成立させることができます。

日本人は特有で、欧米人のように音楽に合わせた動きをするのが苦手で、それは日本民謡・演歌などが日本にあるのも大きく影響しています。この2つは手拍子を取ることが前提で、洋楽のようなアップテンポな音楽に慣れていないので、どうしてもファッションのときに軽快な音楽をかけても、音楽に合わせた動きをするのが苦手で軽快な動きになってしまいます。そういったこともあるので、軽快なBGMにあわせた動きにあこがれていて、そういうファッションを自分でも着てみたいという願望が欧米人ン比べて大きく、軽快な音楽に合わせた動きをするファッション動画は、人気となる可能性が高くなります。

ファッションコレクションを利用するには、こちらへ

メイク&ファッション動画をよりスタイリッシュに◆ファッションコレクション◆


動画編集ソフトfilmoraのダウンロードはこちらへ:

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>