効率的に動画編集を行うコツ:メディアの整理(メディアマネジメント)

Oct 26,2019 • カテゴリ: FilmoraPro動画編集

1. はじめに

FilmoraProは様々なエフェクトを試しながら、スピーディーに動画編集することのできる、プロも使用している最先端の動画編集ソフトです。ソフト立ち上げ時のインターフェースはとても見やすく、ユーザーの使い勝手がいいように、ワークスペースを自由にカスタマイズすることもできます。クリックかドラッグで素材をメディアパネルに読み込み、メディアの整理をしながら、動画素材をタイムライン上に配置してゆきます。今回は、効率的に動画編集を行うために、ワークスペースを最適化したり、メディア素材を分類・整理したりするコツをご紹介しましょう。

カラーグレーディングできる編集ソフト FilmoraPro

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

2.FilmoraProにおけるメディア整理のコツ

動画編集で多くの動画ファイルをつなぎ合わせて、一本の作品に仕上げるには、動画クリップの他にも様々な素材が必要です。編集では、音声、効果音、BGMのオーディオファイルや、ロゴ・イラストなどの画像ファイル、プレーンや図形、タイトルなどを追加しながら作業します。このように様々な素材クリップを、効率的に組み立てていくには、素材を分類して探しやすいように整理しておくことが必要です。

ステップ1:ワークスペースの最適化

FilmoraPro(フィモーラプロ)の新規作成ツールで、プロジェクトを開くと操作画面が、様々な編集ツールを備えたパネルで構成されているのがわかります。 パネルはタブとして小さく表示したり、好きな位置にドラッグして移動させたりすることができます。 それぞれのパネルを自分が作業しやすいように配置し、[表示]から[ワークスペースを保存]で名前をつけて保存し、レイアウトをカスタマイズできます。 また、[表示]の[ワークスペース]から、編集内容に適した画面設定を選ぶことも可能です。

ワークスペースの最適化

[エフェクト] [オーディオ] [カラー] [テキスト] [メディア] [編集]など、特定の作業に適したレイアウトで、見やすい画面に切り替えて作業してゆきましょう。

ステップ2:メディアのマネジメント

「メディア」パネルは、初期画面の左下にあるパネルで、編集する素材が表示される場所です。

メディアのマネジメント

[インポート]ボタンをクリックするか、PCのフォルダ画面からドラッグ&ドロップで、プロジェクトに素材を読み込みましょう。 読み込んだ素材は、右端の[リストモード]と[プレビューモード]のアイコンを切り替えながら、ファイル名とサムネイル表示の切り替えができます。 また、[並べ替え方法]で、素材ファイルを名前順、拡張子ごとのタイプ順に並べ替えることができます。 [グループ方法] では、シンプルなフォルダ形式と、サムネイルで見やすいメディア形式に素早く切り替えられます。 右端の[昇順/降順で並べ替え]アイコンで、メディアファイルを昇順/降順で並べ替えできます。 [リストモード]で、右端のマーク[プロパティを表示] をクリックすると、ファイルの解像度などの詳細情報を見ることができます。

メディアのマネジメント

ステップ3:フォルダによるメディア整理の仕方

メディアパネルの左下の、[新規フォルダ]をクリックして、新しくフォルダを作成します。

メディア整理

「動画ファイル」「音源」「タイトル」「イラスト」「プレーン図形」などのフォルダを作成して、読み込んだ素材を種類ごとにドラッグで分類しましょう。 出来たフォルダを選択して、[新規フォルダ] をクリックすると「サブフォルダ」を入れ子で作ることができ、さらに細かく分類することができます。

メディア整理

メディアパネルの右下には、読み込んだ [アイテム数] が表示され、不要な素材やフォルダは、[ゴミ箱] のアイコンにドラッグすることで削除できます。

3.FilmoraProにあるメディアの整理機能を利用するメリット

メディアに読み込んだ素材をフォルダに分けて整理すると、素材アイテム数の多い長いムービーでも、効率的に編集作業を進めることができます。 音声ファイルや効果音、テキスト、図形など、インポートしたらすぐに、フォルダごとに分類し、不要なファイルはゴミ箱にドラッグして削除します。

読み込んだ素材がリンク切れを起こしている場合は、右クリックで[再リンク]を選び、移動したファイルを、再度パソコンの保存先から指定します。 FilmoraProでは、プロジェクトのメディアの整理がこのように簡単に直感的に行えるようになっており、スピーディーで効率的な動画編集が可能です。

4.まとめ

FilmoraProの動画編集ソフトは、使いやすい操作画面で、視覚的に編集作業を進めることができるのが魅力です。 メディアに読み込んだ素材をフォルダで整理しながら、効率的にタイムラインに配置してエフェクトを適用し、テキストを挿入してゆきましょう。 新規フォルダ作成によるメディアの整理は、動画編集を効率的に行うために重要なステップです。 FilmoraPro(フィモーラプロ)で様々な素材を読み込み、メディアを整理しながら、スピーディで効率的な動画編集を楽しんでください。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

FilmoraProで動画編集を始める・タイムラインツール&主要機能

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>