フィットネス動画にテキストを入れるときのポイントとやり方

Wondershare Editor 編集者:

フィットネス動画でトレーニングを行っている最中に、動きの説明や、重要なポイントを表現するためには、動画だけではなかなか表現できない部分があります。ここだけは、はずせない重要なポイントなどありますので、そんな重要なポイントを示すためにも、テキストを入れて、動画に信憑性を持たせて、視聴者が目を離さないようにしなければいけません。

視聴者は、トレーニング動画を見ているだけだと、どこが重要で、どこはさらりと見ていけばいいのかがわかりません。そこで、動画を見るときに視聴者に、メリハリをもってみてもらうためには、重要な箇所ではテキストで補助的な言葉を入れてから注意を促すことができます。そうすることで、より動画を視聴する人に有意義なトレーニング方法を伝えることができます。

フィットネス動画にテキストを入れるときのポイント

フィットネス動画にテキストを入れるときに注意が必要なのは、トレーニングを行っている人にテキストをかぶせないことが重要です。あくまでも、トレーニングを行っている人が中心で、テキストは補助的な役割をします。そのため、トレーニング中にどうしてもここだけはしっかりと覚えておかなければいけないような動作のときや、間違いやすい動作のときに、テキストで、その動作について、少し説明文を入れます。そうするだけで、動画をより的確に視聴することができます。

テキストを入れてみましょう

通常であれば、動画内に入れるテキストの大きさは大きく簡潔に書くのが理想ですが、フィットネス動画の場合は、テキストを人物の脇で表示をさせてから、画面内に収まるような大きさで表示しなければいけません。大きくテキストを表示できるのが一番ですが、そうもいかない場合は、小さくても人物の脇に表示させることでフィットネスでの重要点を説明できます。動画は、常に先の動作へと進んで行くので、一度表示させたテキストを次の動作に入る前に消さないといけません。テキストを入れるタイミングは重要です。

次の動作が別の重要点がある場合は、すぐにテキストを切り替えて、動画の動きとテキストの表示を合わせていかなければいけません。動画の動きとテキストの表示があっていなければ、まったく意味のない動画に編集されることになります。そうならなた目にも、表示と消去のタイミングがポイントです。

Filmoraのフィットネスエフェクトを使用してフィットネス動画にテキストを入れる方法

このようにフィットネス動画にテキストを入れうためには、他の動画とは違って人物を動かすことは逆効果になるので、人物の位置にあったテキストの配置や表示のやり方というものがあります。そこで、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の動画編集ソフトを使って、フィットネス動画にテキストを入れてから効果的な動画へと編集してみます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

ステップ1:まずは、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」をインストールしてから起動させます。起動したら、編集したいフィットネス動画を読み込みます。

編集したいフィットネス動画を読み込む

ステップ2:動画を読み込んだら、まずは、動画をタイムラインへ追加して一度再生をしてから、テキストで動画の説明を入れたい場所を確認します。テキストを入れたい場所がわかったら、「テキスト/クレジット」というメニューがタイムラインの上部に表示されているので、選択します。

テキストを追加する

ステップ3:すると読み込み可能のテキストが表示されるので、表示したいテキストをマウスでドラックして、そのままタイムラインの「T」のラインの上へ持っていってからドロップします。そうすると、テキストが、タイムライン上へ置かれた位置で表示できるようになります。 ここで、表示文字を微調整するには、読み込んだテキストをダブルクリックすると、右の上部にテキストが選択状態で表示されます。

テキストを編集する

ステップ4:表示されたテキストの大きさと位置をマウスで移動させれば、表示したい位置にテキストが移動できます。表示位置が決まったら、次に文字表示の時間を調整していきます。調整するにはタイムラインのテキストバーの長さを調整すれば、表示する時間を変更できます。

filmoraのダウンロードはこちらへ:

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

フィットネスコレクション - 楽しく充実したフィットネスライフを演出する


filmoraのダウンロードはこちらへ:

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>