×

料理系Youtuber必見!頭上撮影のカメラ設置の仕方

Wondershare Editor 編集者:

料理系youtubeの動画を見ていると、頭上から撮影した動画なども、よく見かけます。通常は料理の斜め45度から撮影した料理のアップを撮影して公開したほうがおいしく感じますが、それだけではなく、料理を頭上から撮影した動画も取り方しだいでは、おいしい料理動画に仕上がります。料理には撮影するカメラアングルで大きく見方が変わってきます。頭上から料理に撮影をしたときにおいしく料理を撮影する方法を見てみます。

頭上撮影のカメラ設置の仕方

料理の頭上撮影をする場合には、プロのテクニックが必要になります。料理の頭上撮影は非常に難しく、ただ、両栄を頭上から撮影するだけでは、おいしそうな料理を撮影することは出来ません。実際に撮影する場所とは屋内のため、光が不足していて、単に頭上から料理を撮影しても、影が出来てからおいしそうな動画を撮影することは出来ません。

ライトアップしてから撮影すること

ライトアップしてから撮影することで、頭上撮影でもおいしい料理動画を撮ることが出来ます。ライトをカメラと反対側から当ててから撮影をしてみると、カメラ側に影が出来てしまい、料理自体が暗いイメージになる、あまりおいしそうな料理を撮影する子は出来ません。そこで、ライトを左斜め上から当てて、撮影をすることで、影が出来にくくなり、料理が光でライトアップされてから一番きれいな動画を撮影することが出来ます。意外に難しい頭上撮影です。

プロのカメラマンであれば、カメラと反対側から撮影をして、手前に影を作らなければ立体的な動画を撮影できて、見る人の心がおいしそうな料理動画を提供することが出来ます。 そこで、カメラと反対側から料理に向けてライトアップすると、手前に影が出来てしまうので、手前に反射板を置いて撮影することで、手前から反射板を通して光を当てることになるので、より立体的な動画を撮影することが出来ます。頭上撮影を行う場合は、このように光をどのように当てるかによっておいしさを伝えるために大きく変わってきます。

ライトをバックから当てること

同じ料理でも、頭上からの撮影の場合は、ライトをバックから当てることで、料理全体を明るく照らすことが出来ます。こういった状態で料理を撮影することで、光をうまくコントロールしてから料理動画を撮影することが出来ます。コーヒーとケーキセットを撮影すする場合は、主役はコーヒーなのかケーキなのかをはっきりと見極めてから、ケーキにスポットを与えることで、より動画としての完成度が上がります。

日の丸撮影というものがあり、両栄の品物が1種類ではなく複数あった場合は、全体を撮影するときに、余白をうまく使ってから動画を撮影するとより主役が目立ってから、おいしそうな動画を撮影することが出来ます。主役の料理をよりきれいに撮影するには、料理のバックライトを料理に向けてから撮影することで、料理の主役を主張できて、自分なりの料理動画を撮影することができあます。本当にこんなことでおいしそうなような料理を作れるのでしょうか。

それには、望遠レンズを使ってから、距離を置いてから撮影をした時他方が便利です。後は料理動画の基本中の基本になります、実際には、主役を引き立たせるために脇役をうまく利用することで、今回主役の料理を古いたたせてもらえます。後大事なのが、使える動画を元に戻すためには、よりいっそうの動画撮影が出来上がり撮影に慣れてきた場合は、真剣にまとまでの距離と、契約の長旅をする余裕もありません。頭上撮影には、プロのカメラマンでもすぐに撮影方法を見極めることが出来ます。想ありたいと願う親はいるはずです。

料理動画を美味しく編集するソフトー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

料理コレクションーあなたの動画をもっと楽しく、もっと美味しく


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>