入学式のビデオの撮り方

Wondershare Editor 編集者: Apr 20,2017 14:29 pm

入学式でオススメ撮り方

入学式は子どもの晴れ姿を見る絶好の機会です。ブレザーやワンピースなどに身を包んでいると普段と違うように見えますね。緊張した表情で式に臨む様子は成長を実感するでしょう。ビデオに収めておけば後で見れますし、映像を実家の両親や知人にプレゼントすることもできます。ビデオは撮影者が撮りたいように撮ればいいのですが、入学式のオススメの撮り方をご紹介します。撮影の参考にしてください。

注意して撮影するべきシーンが一つあります。それは、学校に向かう通学路です。ただランドセルを背負って歩いていくだけでは面白味がないので少し工夫します。撮影するアングルを本人の目線、あるいは下から見上げるようにしてみましょう。また、歩きながら撮影者のナレーションを入れたり、本人にインタビューしたりしても思い出に残ると思います。

目次:

入学式の本番

肝心の入学式本番ですが、可能であれば撮影しやすい近い位置に移動してください。どんなに性能の良いビデオカメラを用意しても、遠くからズームで撮影すると大きな画面で見た時の画質が荒くなってしまうからです。そして、簡易的なもので構わないので必ず三脚を使いましょう。式が始まるまでに子どもが座る大体の位置を把握しておき、リラックスして待ちます。

入学式開始の撮影

式が始まったら集中して撮影に入るわけですが、子どものアップだけでなく、たまに引いて全体の様子も撮りましょう。音声の音質はできるだけクリアなモードを選択してください。後で再生した時に何を言っているか全く分からないということになりかねません。

撮影した動画の編集・共用

撮った写真を共用する方法

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は入力・出力ともに多様な形式に対応しているため、あらゆるデバイスで録画・録音された様々なメディアファイルを素材として使用できるほか、完成したオリジナル動画はスマートフォンや携帯ゲーム機用形式への変換、SNSへの投稿、DVDの作成などで利用できます。インターフェースはシンプルで、各ボタンの配置も分かりやすいつくりです。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

撮影した動画の編集

タイムラインではシーンの切り替え、音楽の切り替え、ナレーションの挿入、テキストの追加などのタイミングを自由に調整できます。PIP(ピクチャインピクチャ)、フィルタ、トランジション、フェードイン・アウト、モザイク、チルトシフトなどの各種エフェクトを駆使して思いのままに編集が楽しめます。

早速「Filmora(旧名:動画編集プロ)」をゲットして、ただの入学式の映像を素晴らしい作品に生まれ変わらせましょう。入学式だけでなく、家族旅行やキャンプ、その他のイベントで大活躍してくれますよ。友人知人に差をつけるこのチャンスをお見逃しなく。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。