【weddingキャンペーン】キャンペーン期間中にFilmoraをご購入の方へ抽選で豪華景品をプレゼント!

カラーチューニングエフェクト

カラーチューニング機能では、スライダーを使って、動画の明るさ、コントラスト、彩度などを調整できます。 さらに、動画クリップに、カラー空間をマッピングする3D LUTエフェクトを適用することもできます。

カラーチューニング機能を使うには、まず動画をインポートし、左側のコントロールパネルの「カラー」タブをクリックします。

セクション 1: カラー補正

カラー補正

「カラー」セクションでは、スライダーをドラッグして、動画の明るさ、コントラスト、彩度、色温度、色合い、ビネットを調整できます。

  1. 「カラー」ボックスをチェックします。
  2. 「明るさ」スライダーをドラッグして、動画全体の明るさを調整します。右方向にドラッグすると明るさが増し、左方向にドラッグするとフレームが暗くなります。
  3. 「コントラスト」スライダーをドラッグして、明るい部分と暗い部分の差を調整します。右方向にドラッグするとコントラスト比が増え、左方向にドラッグするとコントラスト比が減ります。
  4. 「彩度」スライダーをドラッグして、カラーの彩度を調整します。右方向にドラッグするとカラー全体の強度が増し、左方向にドラッグするとカラーは白黒に近づきます。
  5. 「色温度」スライダーをドラッグして、色温度を調整します。右方向にドラッグするとオレンジの暖色に、左方向にドラッグすると青い寒色になります。
  6. 「色合い」スライダーをドラッグして、赤と緑のバランスを調整します。右方向にドラッグするとフレームは赤っぽくなり、左方向にドラッグすると緑っぽくなります。
  7. 「ビネット」スライダーをドラッグして、ビネットエフェクトを調整します。右方向にドラッグすると白いビネット、左方向にドラッグすると黒いビネットになります。

右上の「比較」ボタンをクリックすると、プレビューウィンドウで、カラー補正前とカラー補正後のセグメントを確認することができます。また、「リセット」リセットボタンボタンをクリックすれば、いつでもカラー補正をクリアできます。

比較ボタン

セクション 2: 3D LUT

3D LUTは、ポストプロダクション工程で広く用いられています。3D LUTエフェクトを適用するには、次の操作を行います。

  1. 「3D LUT」ボックスをチェックします。
  2. ドロップダウンリストからテンプレートを選択します。
  3. フリーの3D LUTをダウンロードしてインストールしてあれば、「新しいLUTを読み込み」を選択して、コンピューターから読み込むこともできます。

「削除」3d lut削除ボタンボタンをクリックすると、不要な3D LUTを削除できます。右上の「リセット」リセットボタンボタンをクリックすると、すべての3D LUTエフェクトをリセットできます。

3d lutセクション