ホリデーシーズンに聞きたい邦楽クリスマスソング5選

Wondershare Editor 編集者:

クリスマスシーズンになると、どうしてもクリスマスソングを聴きたくなります。動画のBGMとしても、クリスマスにちなんだ動画を作成して編集するときには、クリスマスソングを入れたほうが視聴者からすると、クリスマスを満喫することが出来ます。気分も乗ってから動画を視聴することが出来ます。そこで、クリスマスソングと言えば、邦楽と洋楽がありますが、その中でも邦楽のBGMとしてクリスマスシーズンに聞きたいBGMと言えばどんなものがあるのでしょうか。そんな、邦楽のクリスマスソングを選んでみたいと思います。そこでホリデーシーズンに聞きたいクリスマスソングを5つ選んでみました。

邦楽クリスマスソング5選

ホリデーシーズンに聞きたい邦楽のクリスマスソングを5つ紹介します。youtubeで人気のクリスマスソングになります。

1曲目:クリスマスイブ 山下達郎

この曲は定番中の定番で、山下達郎と言えば、「クリスマイブ」といっても過言でもないくらい有名な曲です。この曲はCMなどでも使われていまして、歌われ始めてすでに30年以上たっていますが、いまだにこの曲を聴くと懐かしくなり、クリスマスが来たという気持ちになります。好きな彼氏・かのじょと一緒にこの曲を聴きながら、クリスマスツリーの下で仲良く手をつないで歩いている景色を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。

2曲目:ジンジンジングルベル 森高千里

この曲は森高千里さんが歌っていた曲で、1995年に発表された「サントリーGIN」の宣伝にも使用されていた曲です。1988年から1992年にJR東海のクリスマス エクスプレスのCMソングとしても有名な曲で、その独特の雰囲気を出してくれています。すでに発売から20年以上たっています、いまだにこの曲を知っている人も多く、よく聞かれています。

3曲目:恋人がサンタクロース 松任谷由美

この曲は誰もが知っているクリスマスソングで、いまだによく聴かれるクリスマスソングです。当時からはだいぶ変わってきましたが、今でもこの曲を聴くとすぐにわかるくらい有名で、今の若者の間でも人気の曲です。

「私をスキーに連れてって」の挿入歌にもなっていて、その後、多くのアーティストによってカバーされている曲でもあります。この曲を聴いているとうきうきした気分になれて、ン何もかもがハッピーな世界を感じることが出来る、最も幸せを感じるクリスマスソングです。

4曲目:白い恋人 桑田圭佑

桑田圭佑と言えば、ユミンの歌と同じくらい有名で人気のクリスマスソングを提供しています。この曲は、コカ・コーラ「No Reason」キャンペーンの曲で、「白い恋人たち」で歌われていた曲です。このメロディーは頭に残るメロディーで冬のソングとしてはいまだに聞くと口ずさんでしまいたくなる曲です。恋人たちの悲しい気持ちを歌った極で、桑田圭佑の静かな歌声が響くことで、心が冬の雪空の下でたたずむ姿を重い浮かべることが出来ます。

5曲目:クリスマスキャロルのころには 稲垣潤一

この曲は稲垣潤一の代表曲で、1992年にリリースされています。、170万枚も販売されていて、テレビドラマの「ホームワーク」の主題歌にも採用されています。稲垣潤一の独特の声でクリスマスを歌っていて、ちょっと寂しげな雰囲気を出しているクリスマスソングです。何人かにカバーされていて、カラオケでもよく歌われている曲です。特にクリスマスシーズンには多くの人がいまだに歌っています。

ここまでクリスマスソングを5曲紹介してきましたが、すでに数十年前の曲が多い中、よい曲はいつまでも歌い続けられます。そんな曲をyoutube動画のBGMとして挿入すると違った雰囲気を出してくれます。BGMのよさがわかる曲ばかりを紹介してきましたので、使ってみるとまた違った動画を編集することが出来ます。

動画編集ソフト「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

ホリデーコレクションーホリデーシーズンのかけがえのない思い出を演出します


filmoraのダウンロードはこちらへ:

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>