iMovieでビデオ編集方法

Wondershare Editor 編集者:

iMovieでビデオ編集する準備

iMovieの入手方法としては、有料ダウンロードかパッケージ版の購入があります。しかし、ほとんどのMac OSコンピューターには標準装備されています。アプリケーションの中にあるはずですので、よく探してみてください。

当然のことですが、iMovieを起動しただけでは編集できません。撮影した(ダウンロードした)動画素材が必要となります。上段コマンドの読み込みボタンをクリックしましょう。パソコンにデータが入っていない場合は、PCにSDカードなどのメディアを挿入もしくは録画機器を接続して保存してください。パソコンにデータがある場合は、そのまま編集に使いたい動画を読み込みます。この時、動画を一つのフォルダにまとめておくと一括で読み込めるので便利です。

具体的な方法

まず、素材を追加します。

準備ができたらコマンドの「作成」ボタンをクリックして、新しいプロジェクトを作成してください。作品のストーリーを考えながら下段のタイムラインに動画を並べていきます。細かい調整は後でできるので、ドラッグ&ドロップでどんどんやりましょう。ある程度形になったら、動画の尺の長さや順番の調整に入ります。一つひとつの動画に編集を加えたり、特殊効果を適用したりすることも同時に行います。 

素材を追加

次に、BGMを追加します。

自分で用意した音楽ファイルがある場合は、読み込んで使いましょう。なければiMovieのミュージックリストから好きなものを選び、タイムラインにドラッグします。音の始まりや終わりのタイミング、音量などの設定ができます。また、トランジション(つなぎのエフェクト)を追加することでさらに動画のクオリティが上がります。例えば、次のシーンが上から現れたり、前のシーンがモザイク状に消えたりといったものです。

BGMを追加

最後、好きなテキストなど追加します。

動画自体はこれでほとんど完成です。あとはお好みでテキストや会社・グループのロゴを背景に落とし込むか、イントロやエンドロールで装飾しましょう。

以上、iMovieによる動画編集でした。あなたもiMovieを使って楽しい動画作品を作ってみてくださいね。iMovieはMac用ソフトですから、Windowsでは使えません。そんな人にはWondershareの「Filmora(旧名:動画編集プロ)」がオススメです。iMovieと同等レベルの編集が実現できます。価格もリーズナブルですので、経済的です。

Mac版ダウンロード    Windows版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

関連記事

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>