LightworksでWMV動画ファイルを編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

Part 1: LightworksでのWMV動画ファイルの編集について見てみましょう

Lightworksは無料で使える高品質な動画エディターです。様々なフォーマットの動画や静止画にも対応しており、エフェクトを掛けたり、トランジションを適用するのも簡単なものとなっており、人気の高いソフトです。色調補正やトリミング等、多彩な編集機能がついてるのがLightworksの魅力ですが、WMV動画には残念ながら対応していないようです。この為、WMV動画を編集するには一旦、フォーマット変更するか、違ったソフトを利用するのも手でしょう。Lightworksは他にも、英語ソフトであったりと難点もあるので、これを機会に別のソフトを探してみるのも良いかも知れません。

WMV動画を編集可能でLightworksにも劣らないソフトを探してみましょう

Lightworksはかなり高品質な無料ソフトですから、これを超えるソフトを探すには有料製品が選択肢となってくるはずです。動画編集ソフトには高価なものもありますが、リーズナブルでかなりハイクオリティーな編集ができるものとしては、Wondershare 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を試してみては如何でしょうか。無料体験版があるので、どのクラスの機能が揃っているかを確かめることが出来ます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part 2: 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」でならばWMV動画ファイルの編集が可能です

多彩なコーデックに対応しているので、一般的な動画ファイルは特に問題なく編集できるでしょう。WMV動画も最初から対応していますから、煩雑な設定や追加インストール無しで簡単に使い始めることが可能です。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の動画編集作業は全体的にシンプルで判りやすいものです。

簡単なモードでは非常に手軽に動画編集を行えますが、『高度編集モード』でも、直感的に判りやすいインターフェースが用意されているので、Lightworksよりも扱いには慣れやすいかもしれません。フィルターやトランジション、エレメントも「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の方が多彩に利用可能となっています。リーズナブルですが、有料ソフトだけあって非常に充実した内容となっており、高品質な動画作成には適したソフトと言えるでしょう。

試しにWMV動画を編集してみましょう。

『高度編集モード』で起動し、WMV動画を編集していきます。画面中段部のナビゲーションから『メディア』を選び、ここに使いたい動画や写真を追加していきます。次に、下部のタイムラインに、これらの動画や写真をドラッグ&ドロップしましょう。

WMV動画を編集

テキストやフィルターを追加していきます。

まず、中段メニューから『テキスト』を選び、メニューから好ましいスタイルを選びましょう。任意のスタイルを掴んで、タイムラインにドラッグ&ドロップすると適用されます。タイムライン上にあるテキストの要素をクリックすると、字体やカラー、テキスト内容、サイズなどを変更することが可能です。最後にOKボタンを押すと、変更内容が適用されます。フィルターを掛けたい時も、中段メニューから『フィルター』を選びましょう。多彩な効果を掛けられるフィルターがありますので、任意のものを選び、これも、ドラッグ&ドロップで適用しましょう。タイムライン上のフィルターの要素をクリックすれば、パラメータを編集することも可能です。

Filmora(旧名:動画編集プロ)

動作をチェックしてみましょう。

画面右側にあるプレビュー画面でテスト再生し、上手く適用されたか見てみましょう。プレビュー画面を一々呼び出したり、切り替えタブで画面を切り替える必要もないのも、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の便利なところです。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」では、他にもトランジションやエレメント追加など、多彩な機能がこのような簡単な操作で利用できます。無料体験版があるので、まずは、これで確認してみては如何でしょうか。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>