MovieStudioでM4V動画を編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

MovieStudioはSony Creative Softwareが開発した簡単動画編集ソフトで、M4V編集などにおいて動作が軽いという意見が多く人気のあるソフトです。体験版をインストールすることができ、多くの人が利用しています。


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part 1: MovieStudioでM4V動画を編集する方法

MovieStudioを使ってM4V動画を編集するには、まずMovieStudioを立ち上げます。新規をクリックすると、新規プロジェクトの画面が出るので、メディアの設定と一致させるボタンをクリックしましょう。参照をクリックし、M4V動画を選択します。M4V動画のサイズ情報などをベースに構成されるので、プロジェクト名や保存先のフォルダを決めましょう。次に、プロジェクトからメディアのインポートをクリックし、M4V編集を行います。M4V動画ファイルを読み込み、動画ファイルをクリックしたまま画面下にあるビデオに挿入しましょう。M4V編集はマウスでクリックしながら、調整することが可能です。M4V編集が完了すると、ムービーの作成をクリックし、ハードディスクドライブに保存するを選択します。

エフェクトの追加

M4V編集はもちろん、その他の媒体でも編集することが可能です。MovieStudioはBGMも入れることができ、メニューのプロジェクトからメディアのインポートをクリックしましょう。好きな音楽ファイルを選ぶと取り込まれます。次に音楽ファイルをクリックしたまま、ミュージックラインでマウスを離しましょう。マウスを使って音楽の長さを調整することが可能です。ボリュームボタンを使って音量を調整したり、フェイドアウトにすることもできます。

Part 2: 動画編集ソフトWondershare 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の紹介

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」はMovieStudioと同様に、M4V動画を使って編集することが可能です。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」はヨーロッパやアメリカなどを中心に、多くのユーザーが利用しており、初心者や中級者用の動画編集ソフトです。操作しやすい画面で、さまざまなオリジナルデザインのモーション・エレメントやモーション・テキストなどを利用することができ、さまざまなシーンで編集を楽しむことができます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は簡単編集モードや高度編集モードなどの編集モードがあり、好みやニーズによって画面の背景色を選べたり、画面右上のライトスキンやダークスキン をクリックすると、背景色を切り換えることが可能です。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の簡単編集モードは、さまざまなテーマを利用してオリジナル動画を作成することができ、写真や動画を簡単にインポートすることができます。高度編集モードはタイムライン編集のいろいろな機能を利用して、シーンを配置したり、クリップを編集したり、こだわりのある動画を仕上げることが可能です。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」はシーンの切り替わりを検出することで、編集時間を節約することができたり、オーディオトラックや音楽を細かく調整することができます。チルトシフトを使ってクリップの特定部分にピントを合わせることによって、残りの部分をぼかすことが可能です。オーディオ分離機能があり、ビデオクリップからオーディオを別々に切り離して編集することができます。人気映画のようにカラーグレーディングがプリセットされたり、選択するだけでエフェクト機能を適用することが可能です。高度のテキスト編集機能が備わっており、テキストやタイトルに色やサイズ・フォントなど、アニメーションを指定することができます。クロマキー合成機能もあり、特定の色の成分を使って映像の一部を透明にしたり、別の映像を合成することが可能です。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使うと自分のイメージ通りの動画や画像を編集することができ、BGMを付けることができるので、自分だけでのオリジナルムービーを作成することができるでしょう。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>