「Filmora(旧名:動画編集プロ)」レビュー:簡単操作で楽しく編集とモザイク処理ができるソフト 

Wondershare Editor 編集者:

前日はZIGSOWと提携して、Filmora(旧名:動画編集プロ)のレビューを行いました。応募者のレビューをここで紹介します。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

■ 製品紹介
ダウンロード版のため、パッケージなどの写真はありません。
レビュー時のバージョン 4.9.0

高度編集モード

■ 実施予定のレビューの内容
動画編集の初心者が、ゲームのプレイ動画をカット編集と部分モザイクの機能の技術を習得します。
 
■ レビュー課題以外でやってみたい内容
特になし。

■ 作業の流れを考える。
・編集のための動画を作る。
ビデオキャプチャーソフトのBandicamを使ってゲームを遊びながら録画します。
Bandicam無料版では、自動で新規の録画ができないため、手動で開始・停止を行い1つの動画は10分以内で複数のファイルを用意します。

ゲームの設定
画面サイズは、1280*720、最大フレームレートは、ゲーム側で60fpsとする。
 
・動画の編集する。
録画したゲームのプレイ動画で不要と思われる部分の編集(分割、削除)をする。
「基本的なビデオ編集機能」の「動画分割」「動画結合」の機能を使う。
「特殊効果」の「モザイク・ぼかし効果」の機能を使う。
「ムービーの共有方法」の「普通の動画形式へ」または「YouTubeへ」の機能を使う。
 
YouTubeにログインして、完成した動画の確認をする。

■ 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」をインストール
・インストール
ダウンロードしたファイルを実行すると画面には、インストールの青いボタンが中央に表示される。
これを押すとインストールがはじまるのだが、特に何もすることなく完了する。
■ 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使ってみる
・起動
Wondershare「Filmora(旧名:動画編集プロ)」が起動します。
起動時にデータ読み込みがあり、しばらくすると使えるようになります。
バージョンはココで確認できます。

■ 簡単編集モードからできること。
用意されたテンプレートの中からオープニングタイトル・エンディングタイトル(イントロ/クレジット)となるムービーを選択して、動画や写真、音楽のメディアファイルを結合できます。
プレビューからオープニングタイトル・エンディングタイトルにテキスト(文字)を入力して、保存と共有からムービーをファイル保存、デバイスに転送、DVD作成、動画共有サイトへアップロードができます。
 
・簡単モードを使ってみよう。
テンプレートを選択
オープニングタイトル、エンディングタイトル(イントロ/クレジット)を選択します。
・簡単編集モードの一言感想
動画編集の初心者が、作業の流れを「簡単編集モード」から学ぶことができます。

■ 高度編集モードからできること。
高度編集モードでは、簡単編集モードではできなかった多彩なエフェクトと編集機能の追加がされています。
 
多彩なエフェクトと編集機能は、「テキスト」「エフェクト」「PIP(ピクチャー・イン・ピクチャー)」「トランジション」「イントロ/クレジット」「サウンド」「分割表示」があります。
 
編集機能から「分割」と「結合」、特殊効果(パワーツール)から「モザイク・ぼかし効果」を使います。
 
編集の終わった動画は、「普通の動画形式へ(PCへ保存)」と「YouTubeへ(動画共有サイトへアップロード)」を使います。
 
・動画編集の練習をしてみた。
動画編集の練習素材として、4種類のオープニングを手動で録画して用意しました。
 
ライブラリーから「メディア」に動画ファイルを読み込ませます。
ハサミアイコンの「分割」を使って、動画の前後にある余分な部分を編集します。
プレビュー画面にある「再生」ボタンと「前のフレーム」と「次のフレーム」をマウスでポチポチしながら不要な部分をさがします。
 
キーボードの「コントロールキーを押しながら」、マウスの右ボタンで選択して、マウスの左クリックのメニューから「削除」を選ぶことで不要な部分の動画をまとめて消すことができます。
 
もちろん確実に1つずつ削除することもできます。
「作成」ボタンを押し、形式から出力するファイルの設定を行います。
編集した動画ファイルを保存します。(簡単編集モードの直接作成の画面と同じです)
4種類のゲームのオープニング動画がありますので、この作業を繰り返します。 
 
4つの動画が編集できたら、新しく作成された動画ファイル「メディアファイルをインポート」します。
 
「追加」のアイコンを押してウインドウから動画を選択しますが、キーボードのコントロールボタンを押しながら、動画を選択すると複数のファイルを一度に読み込むことができます。
 
「分割表示」のアイコンを選択する。
分割するスクリーンのパターンを選択する。
タイムラインへ入れた、分割スクリーンをタイムラインのズームボタンで調整し、マウスでクリックするとドロップゾーンが表示されます。

ドロップゾーンに動画を入れ、出力する音を1つ選択します。(音のミックスはできません)

枠線の有無と色を選択できます。
作成ボタンから出力するファイルの形式や詳細設定を行い実行すると画面分割された動画の出来上がりとなります。
 
分割表示の機能を使って、4つのオープニング動画を1画面で視聴できる動画を作成しました。
動画の前後にセガのロゴが流れる動画を追加しています。 

・モザイク・ぼかし効果の追加
ファイル出力した動画にモザイクを追加します
1画面オープニング4種類動画をメディアファイルからインポートします。
インポートした動画をタイムラインへ入れ、パワーツールをクリックします。
 
パワーツールのモザイク適用をクリックして、「モザイクを適用」にチェックマークを入れます。
「追加」をクリックするとプレビュー画面に黄色い枠が表示されますので、位置と大きさを変更します。
「追加」アイコンを押すごとにモザイクを入れたい黄色い枠が出ますので、モザイクを入れたい場所へ移動と大きさの調整を繰り返します。
割合のスライドバーからモザイクの大きさを調整することができます。
複数のモザイクの大きさは、個別に調整はできません。
 
写真などの画像ファイルも同様にモザイク処理できますが、画像ファイルとして保存できません。

■ 気になったこと(改善要望等)

・画面レイアウトと配色

フルスクリーンの使用でも操作アイコンやタイムラインの数字や文字が細かくて見にくい。 見やすい色や大きさに改善を希望します。
・モザイク・ぼかし効果の機能
動的なモザイクをつけられない。 動く対象に追尾するモザイクをつけられる機能の追加を希望します。

高度編集モード

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>