SUMMERキャンペーン・第二弾

Filmora(旧名:動画編集プロ)Mac版をレビューしてみました

Wondershare Editor 編集者: Mar 31,2017 10:28 am

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)が使いやすい

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)>は動画編集や、DVD作成が簡単にできるというのが特徴になっているソフトです。

Mac版ダウンロード    Windows版ダウンロード

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の特徴

1. 多様な動画・音声・写真形式の入力・編集

まずこのソフトが便利な点として挙げることができるのが、多様な動画・音声・写真形式の入力・編集に対応しているという点でしょう。
具体的にはFLV、MOV、AVI、MKV、FLV、WMV、TS、MTSなどの動画形式、MP3、WMA、WAV、M4A、AAC、AC3、OGGなどの音声ファイル、BMP、JPG、PNG、GIFなどの画像ファイルに対応していますので、このソフトにファイルを取り込む前にわざわざ形式変換を事前にする必要がありません。

動画編集mac

2.多様なエフェクト効果

続いて魅力となっているのが、多様なエフェクト効果です。動画をトリム・クロップ・回転することも簡単ですし、音声についてもサウンドトラック、ボイスオーバーや特別に作られた音声エフェクトを利用することができます。
さらにフィルター、エフェクト、トランジション、イントロやクレジットテンプレートなどのラインナップも豊富になっていますので、簡単に個性ある映像ファイルが作れるというのは大きなメリットだといえるでしょう。ちなみにスピード調整、モザイク追加、チルトシフト効果などのエフェクトも用意されています。

動画編集機能

3.好きな形式で出力

このようにして作成した動画や映像ファイルは最終的には出力する必要があるのですが、このソフトは出力形式のラインナップも豊富になっており、MOV、MP4、M4V、MKV、WMV、FLVなどのなかから好きな形式を選ぶことができるようになっています。
またiPhone 4S、iPhone 5、新しいiPadなどで観られるように変換することもできますので、それらのツールと合わせて利用したいというニーズにも応えてくれるでしょう。最近では自作した動画ファイルなどをYouTubeなどでそのまま共有するという方も多くなっていますが、YouTubeアカウントがあれば簡単に共有できるほか、TwitterやFacebookのアカウントにメッセージを送ることもできるようになっています。
もちろん編集した動画ファイルや映像ファイルを高品質なDVDディスクにすることも可能ですし、dvdmedia、DVDフォルダーやISOイメージファイルに作成することもできます。これだけの機能がありながらダウンロード版は7980 円 (税込)というコストパフォマンスの高さを誇っています。

編集した動画を好きな形式に出力

Mac版ダウンロード    Windows版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Mac版ダウンロード    Windows版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

関連記事

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。