写真をDVDに保存-大切な写真を編集して、DVDに保存・作成しましょう

Wondershare Editor 編集者:

大事な写真を思い出として保存したいと思っている方多いかと思うのですが、そんな時に欠かせないのがDVDとして保存するという方法になります。 写真を保存するのにDVDがいいとされるのは、保存年数も長くreadonlyと呼ばれるDVDに保存することで、データを抜き取られる心配もないからです。
そのため写真DVDを作成する方が増えているのですが、そもそも動画を保存してある事が多いDVDにどうやって写真を保存するのだと悩んでいる方が多いのです。

自分で写真のDVDを作成しようとしても分からない事が多く、途中で諦めてしまう人の方が多いというのが現状となっています。そこで、写真をデータとしてDVDに保存してくれるソフトを探す必要が出てくるのです。 しかもどれでもいいというわけではなく、初心者でも簡単に使用できるものを選ぶというのがポイントとなっています。

写真をDVDに書き込みする事は、まず写真をDVDに保存する事ができる方法を探す必要があります。 そこでDVDに写真を保存できるようにしてくれる「Filmora(旧名:動画編集プロ)」というソフトを活用して対応する事をお勧めします。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

・写真をDVDに保存する方法

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は取り込んだ写真を加工したり編集したり、そして最終的にDVDとして出力する機能を持っています。つまり、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」で作業をして、最後の保存先をDVDにするだけで、写真をDVDに保存する事ができるのです。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」自体初心者でも使用できる仕組みとなっているので、どんな方でも写真をDVDに焼く事が出来ます。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は写真をDVDに保存する前に本格的な編集をする事ができるので、最終的にパソコンで写真をDVDに保存する事が出来ます。
写真をデータとして保存するDVDにする事で、思い出の品として長く残す事ができるようになります。DVDに写真を保存して、写真をDVDにしてこれからの一生の思い出にする事が可能になります。

写真をDVDに保存する

またDVDをrモードにして写真を保存すると読み込み専用にする事ができるので、DVDをrモードにして写真を保存する事をお勧めします。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」で写真をデータ化してDVDに保存し、もっと本格的なDVD作成を楽しみましょう。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>