Filmoraエフェクトストア期間限定セール!

360度セルフィ―ってなに?例と器具の紹介

Wondershare Editor 編集者:

動画撮影をするときに使用するカメラにもいろいろな機能があり、自撮りをするときに必要な機材などを一緒に使うことで、撮影の範囲を広げることができます。カメラ自体で360度自撮りできるようなカメラは今のところありませんので、別途機材を使ってから360度セルフィーを実現することになります。そのための器具とカメラを使った自撮り撮影をするためにいくつか考えられる器具などを使った撮影方法を紹介します。

360度セルフィ―って何?

まずはセルフィーという言葉を聞いて何を考えますか?

セルフィーというものは自撮りのことで、自分で自分を撮影することをセルフィーといいます。セルフィーを行うときに360度セルフィーというものは、360度という周り全体を自撮りすることができるものです。実はカメラの中にも、360度セルフィーを意識したカメラもたくさん出ていて、自撮りカメラも進化してきています。自撮りでなんでも撮影できるような基部はたくさん出てきていて、自撮り棒は最初の広がった器具でもあります。

360度セルフィ―の例と器具の紹介

360度セルフィーのカメラはここ数年でたくさん出てきていて、昔では考えられないくらい、セルフィーに対する商品がたくさん出てきています。セルフィーできれば1人旅を行っても、動画殺青にも苦労しないで、自由にすきな動画を撮影する事ができます。その中でも、iPhoneを使った360度セラフィーのやり方が初心者でも簡単にできるものでは簡単な撮影方法です。

画期的なカメラとして、AnapCam360というものが出てきてから、価格も2万円以下のリーズナブルな価格で撮影できます。さらにiPhoneと接続することで、画面で撮影状況を確認しながら撮影できるすぐれものが出てきました。iPhoneに接続するだけで自由に周りを確認しながら撮影できるので、初心者でも使いやすくリーズナブルなカメラなので今後もっと普及していきそうです。

スティック状のカメラで、片側のレンズが内蔵されていて、ちょっと変わって形状のカメラです。撮影は前後で180度ずつの角度となっていて、併せて360度の広角カメラとなっています。実際にどのように使ってから撮影をすれば360度セルフィーができるのかといえば、テーブルなどの360度見渡せる場所においてから自動で撮影をすることで、360度撮影を可能にしています。その時の撮影風景は、iPhoneに無線で接続することで、画像をiPhoneに流すことができます。このカメラのもう一つの特徴としては、リモート撮影をすることもできます。iPhoneでカメラの制御をしながら撮影をすることもできるので、いろいろな使い方ができるカメラとなっています。そんなカメラがリーズナブルな価格で販売されているのは、消費者としては現在販売されているカメラの中では最高のカメラです。

自撮りセルフィーを使った撮影は企業でも多く活用されています。メルセデスベンツなどは、この機能を利用してから、自社の車の概観を全部撮影して広告として利用しています。 さまざまな角度から走行している動画を撮影して、よりベンツのよさを宣伝できます。ディズニーでもこの360度セルフィーを利用してから、リアルなディズニーの世界を映像として残すことができて、映像を見た人が実際にディズニーへ来援している可能な錯覚を起こすこともあります。映像で楽しんだ視聴者が、実際にディズニーへ足を運んでから楽しんでくれることにも役に立ちます。スポーツの世界でもこれをつけてから動きを撮影することで、自分がスポーツ選手になったかのように、いろいろなスポーツの映像を選手目線で見ることができます。その典型的な例がサッカー選手のネイマールが付けてから、ディフェンダーを次から次へと抜いていきシュートを決めるシーンなどもあります。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>