Filmoraエフェクトストア期間限定セール!

バケーションに持っていきたい防水カメラまとめ

Wondershare Editor 編集者:

旅行に行くときには、必ずカメラをもって行く人がほとんどです。カメラでなくてもスマホなどで撮影をする人です。旅行に行くときにもって行くカメラデスが、単なる観光地を旅行する場合と水に関わるスポーツなどを行ったりする場合は、通常のカメラではなく防水機能付きのカメラになります。よく水の中での撮影をするような旅行になれている人がよく使う、防水カメラをいくつか紹介していきます。始めて水中撮影をしたり、水に濡れるような撮影をする場合は、是非このカメラを使用してみてください。

バケーションに持っていきたい防水カメラまとめ

バケーション撮影で必要な防水カメラを厳選して紹介します。旅行動画を撮影するときに必要な防水カメラを5つ選んでいます。推進5mから15mぐらいの水中で撮影が出来る防水カメラが、お手軽価格で販売されています。マリンスポーツを行うような人は、必需品です。

お勧めの防水カメラ1:オリンパス スタイラス TG-870 タフ

オリンパス スタイラス TG-870 タフは、水中で撮影するためのカメラで、水中撮影をして綺麗な生き物やスキューバーダイビングなどで撮影をするには最高の映像を撮影することができます。画素数も1600万画素となっていて、推進は15mまでの撮影をすることができます。

それだけではなく、乱雑に扱ったりしても衝撃に耐えることが出来る、カメラでもあります。GPS機能も装備しているので、撮影場所を限定することもできます。水中だけではなく、地上の美しい景色も撮影する事ができます。

お勧めの防水カメラ2:ニコン クールピクスS33

ニコン クールピクスS33では、画素数はオリンパスに若干劣りますが、1317万画素数で、推進10mまでの水中撮影をすることができます。メニューの操作性が簡単なので、子供から女性まで、機械音痴の人でも簡単に撮影ができます。ある程度乱雑に扱っても、壊れない頑丈さも併せ持っているカメラです。水中カメラ初心者には、使いやすいカメラです。映像の鮮明度もこれだけの画素数があれば、素人目では十分な美しい動画を撮影することができます。

お勧めの防水カメラ3:ニコン クールピクスAW130

こちらのカメラは、クールピクスの上位カメラで、画素数も1605万画素と非常に高画質の動画を撮影する事ができます。このカメラの一番の特徴は、水深30mの深さできれいに動画を撮影することができます。水深30mとなると、素人が潜る深さではなく、プロのダイバーが潜る深さで、プロの水中カメラマンが使っても大丈夫なカメラで、別途証明がないとうまく撮影ができないような深さまで潜ってから撮影できます。暗所にて広角なレンズを使っていて、深海や夜景を撮影するときにも綺麗な魚や景色を撮影する事ができます。

お勧めの防水カメラ4:リコーWG-40

こちらのカメラは、アマチュアカメラマンから絶大な心理を得ているもので、衝撃・寒さなどにも強く、落下させてもある程度の衝撃にはビクともしません。-10度までの寒さの中でも、正常に撮影することが出来るカメラです。画素数も1600万画素と、他の水中カメラと比較しても高品質な動画を撮影する事ができます。水深は最大14mまでの深さに耐えることができます。耐久性は素晴らしく、100kgまでの重いものを載せても壊れることがありません。相当、雑に扱ってもまったく壊れる心配がありません。こういった耐久性が高いので、長く使い続けることができる高性能な水中カメラとして幅広くアマチュアカメラマンの間では、人気のカメラとなっています。

お勧めの防水カメラ5:リコーWG-5GPS

リコーのWG-5GPSはデザイン性もアウトドア向けにぴったりのもので、画素数は1600万画素と最高レベルのカメラです。 ただし、このカメラの一番の特徴としては、撮影モードの多さにあります。 素人が使いやすいような撮影モードを何種類も持っていて、その画質の良さに併せて操作性は抜群です。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>