iPhotoの編集:Windows7・Vista・XP用のiPhotoスライドショー

Wondershare Editor 編集者:

Windows版のiPhoto編集スライドショー(フォトムービー)

iPhotoは、Macで、写真をDVDに入れてスライドショーを作成するスライドショー編集ルーツです。もしWindowsで似たようなツールが欲しければ、iPhotoのようなWindows用のスライドショーツールを見つけなければなりません。この記事では、Windows版のiPhotoとして、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」という高機能なスライドショーツールをご紹介します。Windows版のiPhotoを活用して、思い出の写真が素敵なフォトムービーに!Facebookや、両親や知人へのプレゼントなどにいかがでしょう。

ポイント:「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は最新のWindows 10に対応済み!

以下のリングから、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」をダウンロードできます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

質問:Windows版iPhotoでは、どんなことができるのですか?

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は、以下の機能を持っています。

1、顔、場所、イベントで写真整理、管理ができる。

2、赤目の編集、クロップ、リタッチ、色の調整。

3、パソコン、Youtube、携帯端末、webサイト上で共有できるスライドショーの作成。

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Windows版のiPhoto編集スライドショー

ここからは、無料版「Filmora(旧名:動画編集プロ)」をダウンロードして、「高度編集モード」を選択して、基本的な操作を体験してみてみましょう。

ステップ 1 windowsのiphotoをダウンロードして、素材を選びます

「メディアファイルをインポート」ボタンをクリックして、写真を取り込み、好きな順番に写真を並べ替えて、フォトムービーを作っていきます。

iphoto,windows,スライドショー

ステップ 2 iphotoスライドショー演出パターンを決定します

「トランジション」欄では、たくさんの2D/3Dトランジション効果が用意されており、ハリウッド映画のようなフォトムービーを作ることができます。

iphoto,スライドショー,トランジション

基本的な演出機能を見ていきましょう。「フィルター」のタブを選択すると、下記のような画面が表示されます。表示されたエフェクトをクリックして、プレビュー画面でエフェクトを確認し、よければ、ストーリーボード(または、タイムライン)に選んだエフェクトを貼り付けます。

iphoto,スライドショー,フィルター

字幕も追加できます。ストーリーボードの左上にある「字幕」のタブを選択します。「テキスト/クレジット」の画面で、挿入したいテキストを打ち込みます。ストーリーモードの右上の「タイムライン」のタブを選択します。ストーリーボードで表示されたテキストをクリックし、左右にスライドさせ、テキストを表示させたいシーンを選びます。

iphoto,スライドショー,字幕

ステップ 3 windows版iphoto編集で、DVDを作成します

作成したフォトムービーは、DVDはもちろん、iPod、iPhone、PSPなどの携帯プレーヤー用ビデオや、Web公開用のビデオに変換することができます。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使えば、思い出のたくさんの写真で素敵なフォトムービーが作れます!大切な人達との思い出の共有に活用してみてください。

iphoto,スライドショー,テーマ

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

簡単!スライドショーの作り方|思い出をきれいに整理


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。