Filmora GWセール・人気VFX素材BlockBusterコレクションが20%OFF!

お花見や桜を撮る三つのポイント

Wondershare Editor 編集者: Apr 12,2017 11:51 am

寒さも遠のき、温かい日が増えて春の訪れを感じます。そうなると桜の季節が待ち遠しくなるのが日本人なのではないでしょうか?

桜が咲いたらそう花見のシーズンですね。 桜が咲いたのを見ると、多くの人が感動して携帯やスマートフォンのカメラ、デジタルカメラなどで桜の花を撮影する機会やタイミングが増えると思います。

桜の花だけを被写体にしたり、桜の木全体を撮影したり、家族や友人と桜を撮ったりと桜だけでアルバムが出来るんじゃないか?と思うほどシャッターチャンスに困ることは無いでしょう。

①・桜の撮影方法

最近の携帯やスマートフォン、デジタルカメラには動画撮影モードがあるので写真だけじゃなく動画モードで撮影する方も居ると思います。

しかし、動画撮影に慣れてない方の撮影したものはあとでみてみると見れたものではないというのが正直な感想ではないでしょうか?

また、写真撮影でも、日中の桜の花を撮影してみなさんが思うのは、あの薄い淡いピンク色はカメラには再現できない撮影できない色なのではないだろうか?という疑問です。

桜の撮影

②・綺麗に桜を撮ろう

それは、桜の花が白いのでカメラが露出を絞ってしまい暗い写真に写ってしまったり、逆にフラッシュが花びらに当たり白く写ってしまったりするからです。

たまたま、綺麗に撮れたとしても淡いピンク色の桜の花びらが撮れたって事は無いと思います。 露出の設定が細かく出来れば、この桜の淡いピンク色を撮影できるのですが、普通のかたが持ち歩いているデジタルカメラや携帯のカメラなどでは、露出の設定が細かく出来ません。

桜の撮影

カメラが好きな方が持っている一眼レフカメラのように露出の設定も細かく出来て、露出の設定に詳しくない人は諦めるしかないのでしょうか? そんな時に私がお勧めするのがwondershare社の「Filmora(旧名:動画編集プロ)」です。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

③・写真・動画編集ソフトのご紹介

このソフトの入力は動画のAVI、DV、H264、FlV、MKV、MP4、M4V、M4A、MPEG、VOBなどから写真のJPG、JPEG、BMP、PNGなど幅広く対応しているので携帯やスマートフォン、デジタルカメラやビデオカメラなどで撮影した写真や動画に対応しています。

取り込んだ写真を編集機能の「コントラスト、彩度、明るさ、色合」で修正できるのはもちろんの事、スライドショーに編集して好きな曲でBGMをつけたりする事も出来ます。

動画編集機能にはフェードイン、フェードアウトをはじめ、要らない部分のカットや前後の結合、分割、テレビでみかけるワイプなどを差し込む機能もついています。

この「Filmora(旧名:動画編集プロ)」があれば露出など気にせず撮影できるので、花見を思う存分楽しみながら気楽に撮影もできますね。

今年もブルーシート、お弁当、ビール、カメラを持って家族や友達と楽しいお花見をしてください。

Filmora(旧名:動画編集プロ)

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。