SUMMERキャンペーン・第二弾

デジタルビデオでのパーティーの撮り方とビデオ編集

Wondershare Editor 編集者: Apr 10,2017 11:12 am

パーティの撮影

突然ですが、パーティーはお好きですか?よく知っている仲間うちでやるくだけたパーティーなら好きという人からフォーマルなパーティーでも楽しめる人までいると思います。

パーティーの時間は挨拶や出し物、食事などを楽しんでいるとあっという間ですよね。気が付いたら終電が迫っていたなんて経験もあるのではないでしょうか。今回は、パーティーの様子をビデオに記録する方法について書きます。

パーティーにもいろいろと種類があるので、2つのシチュエーションを考えました。あなたが撮影するパーティーにより近い方を参考にしていただければ幸いです。一つは、会社の創業何10周年を記念して行われ、全社員が一堂に会する公式なパーティー。もう一つは、家族ぐるみのつき合いの仲良しグループで楽しむホームパーティーです。

目次:

記念パーティ

まず、フォーマルな会社の記念パーティーから解説します。こういうパーティーの場合、参加者が楽しむというよりは式典としての意味合いが強いので、参加者の様子ではなく、司会者やステージの様子をメインで撮影するべきです。デジタルビデオカメラは、なるべく三脚などに固定しましょう。会社の行事としての記録であり、手ぶれ・音声の乱れなどは厳禁だからです。参加者同士の会話のやり取りであるとか、個人のアップや独創的なアングルでの撮影などは必要ないと言えるでしょう。

記念パーティ

ホームパーティー

次に、仲間とやるホームパーティーです。こちらを映像で残したい時は、とにかく楽しい瞬間や感動する瞬間を撮り逃さないことです。ノーカットのムービーよりはショートムービーを何本も撮ると良いでしょう。後で編集する時につなげたり、いらない部分をカットしたりできるからです。公式なパーティーではないので、ビデオカメラはハンディータイプを用意してください。そして、撮影者を固定しないことです。撮る人によって個性があって面白いと思いますし、全員が楽しめます。

撮影した映像の編集

撮り終わったパーティーのビデオはそのまま保存しても構いませんが、せっかくなので編集を加えて、より価値のある作品に仕上げませんか?動画編集ソフトはプロフェッショナル向けの高級なものからビギナー向けのフリーソフトまで沢山発売されています。PCソフトを買いなれない人にとって、無数にある中から一つを選ぶのは難しいと思います。そこで今回は、動画編集ソフトを一つご紹介します。

Wondershareから出ている「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は非常に多くの機能を備えており、幅広いニーズに応えてくれると評価の高いソフトです。動画の分割・結合・回転や解像度、画質、再生速度などを自由に調整できますし、ビデオの一部を画像として切り取ること、チルトシフトやモザイクなどの特殊効果を適用することも朝飯前です。もちろん、MP4、WMV、MOVといったよく使われる動画形式には完全対応しています。

是非パーティー動画を編集してプレミアムなオリジナル作品を作成してみてください!きっと自分はもとより、家族や友人たちが大喜びしてくれるはずです。完成した動画はDVDに焼けるだけでなく、特定のスマホ、タブレット、ゲーム機などで再生するのに適したプリセットに変換したり、動画共有サイトに投稿したりできますので、最大限に活用してください。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。