おすすめの動画編集ソフト

Wondershare Editor 編集者: Apr 19,2017 22:04 pm

デジタルビデオカメラで撮影した映像を編集してDVDを作りたいといった場合、動画編集ソフトが必要になります。ここでは、動画編集ソフトをおすすめします。

動画編集ソフトの選び方

編集ソフトの選びでは、ソフトを使ってどういうことができるのかを理解することが大切です。選びポイントは主に下記のとおりです。

①操作の簡単さ(使いやすさ)
②機能の多さ(自由度)
③対応動画フォーマット(読み出し/書き出し)
④ソフトの軽さ
⑤値段の安さ

動画編集ソフトでなにができるのか

動画編集ソフトというのは、ビデオカメラで撮影した映像をパソコンに取り込み、 編集を行うためのソフトウェアです。編集作業では、撮影した映像から必要な映像部分だけをトリミングや切り替えの効果設定、BGMの設定などを行います。

そして、 編集を終えたら、動画ファイルやDVDビデオとして出力します。このように、取り込み→編集→出力を一貫して行えるのも、動画編集ソフトの特徴です。

動画編集の流れ

ここでパソコンでの動画編集では、どのようなことを行うのか、ザックリと編集作業の流れを見てみましょう。実は、編集作業の流れは、そのまま編集ソフトの機能と直結していることがわかります。

1. パソコンに映像を取り込む
2. 映像をトリミングする
3. 切り替え効果を設定する
4. タイトルを付ける
5. BGMを設定する
6. ファイルやDVDビデオとして出力する

おすすめの動画編集ソフト

①Adobe Premiere Elements 10

独自のインターフェイスを備え、初心者でも思い通りのムービーが作成できる動画編集ソフトです。プロ仕様のPremiere Proの処理エンジンを搭載し、高度な機能を簡単に利用できるパワフルな編集ソフトでもあります。

動画編集では、前述したようにいろいろな作業を行います。そのため、初めて動画編集を行うユーザーには、今なにをしているのか、どのような作業を行っているのかがわかりやすい、見通しのよいソフトを選ぶことが大切です。

②Wondershare「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

Wondershare者のこのソフトは「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Win版)「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)があります。高度なビデオ編集機能を搭載して、多彩な編集作業をスムーズに行えます。フェードイン ・アウト /フィルム / スピードアップ ・ダウン 等の 特殊効果、ピクチャインピクチャエフェクト(PIP)、フィルタ、タイトル、トランジションなどエフェクトを搭載しています。

動画編集

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。