×

Windowsムービーメーカー&Filmora(旧名:動画編集プロ)の動画編集機能をご紹介

Wondershare Editor 編集者:

Windowsムービーメーカーで動画を編集する

WindowsムービーメーカーはXPやVistaに最初から入っている動画編集ソフトで、簡単に動画編集を行なう事ができます。 Vista以降のOSであるWindows7やWindows8では入ってはおらず、Windows Live EssentialsをMicrosoftからダウンロードする事でWindows Liveムービーメーカーを使う事ができますが、これまでのムービーメーカーとは少し仕様が変わっています。 さっそくですが、Windowsムービーメーカーでは編集メニューが存在します。

「ビデオ特殊効果の表示」では、ズームやフラッシュ、モザイク、拡大、スロー再生など画面全体に及ぶ編集ができます。

「ビデオ切り替え効果の表示」では、ビデオAとビデオBの切り替えが発生した時、スライドや波紋、めくりなどで自然な流れとして表示できるように編集する事ができます。

「タイトルまたはクレジットの作成」では文字だけの画面でタイトルとクレジットを追加するか、もしくは流れている映像の上にタイトルとクレジットを載せるかを選ぶ事ができます。 さらにはテキストを表示させる事もできるのです。 それ以外にもBGMの追加や動画、BGMの分割、結合ができるようになっています。 編集したものはタイムラインの中で簡単に変更できます。

編集状態を保存し、次の機会に続きをしたいのであれば「プロジェクトの保存」を、すべて終わって書き出ししたいのであれば「コンピュータに保存」をして書き出します。

これで編集した動画を作る事ができますが、Windowsムービーメーカーではあくまで最低限の編集しかできません。 もちろん最低限の編集でも十分な動画を作る事は不可能ではありませんが、もう少し高度な編集を試みたいと思う人にはWondershareの「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使ってみるのも一つの手でしょう。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Filmora(旧名:動画編集プロ)の編集機能を紹介

Filmora(旧名:動画編集プロ)はWondershareのHPで無料体験版、あるいは製品版のダウンロード購入が可能なソフトです。 起動してすぐに簡単編集モードと高度編集モードの二つを選ぶ事ができ、編集に自信のない人は簡単編集モードを、Windowsムービーメーカー程度なら触った事があると言う人は高度編集モードを選ぶといいでしょう。 と言っても凄く難しいわけではなく、Windowsムービーメーカーに近い感覚で操作をする事ができるので、大まかな操作方法は割愛します。

PIP機能

このソフトではWindowsムービーメーカー以上の機能として、PIP機能ではテンプレートに存在する絵を動画の中に張り付ける事ができ、ワイプ画面を表示させる事もできます。

PIP機能

分割表示機能

また、分割表示機能というものもあります。 テレビのバラエティ番組でよく見るかの様な画面の分割表示が可能で、2画面から最大6画面を決められている配置に同時に表示させる事ができるのです。

分割表示機能

チルトシフト機能

他にも顔を自動で識別して、顔だけをテンプレート似顔絵に差し替える事もできるチルトシフト機能もあり、非常に充実しています。

編集を終えて書き出す事もムービーメーカー以上で、目的に沿った形式で書き出す事ができます。 また、そのままソフト上からFacebookやYou Tubeにアップできるのも魅力でしょう。 Windowsムービーメーカーでは物足りなくなったと言う人には操作方法が似ている「Filmora(旧名:動画編集プロ)」はぴったりのソフトではないでしょうか。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>