VideoStudioの代わりになる動画編集ソフト

Wondershare Editor 編集者:

動画を撮影してから、編集する」ためには、動画編集ソフトが必要になります。動画編集ソフトを利用してから動画を編集するためにソフトを使うときに、いろいろな無料・有料の動画編集ソフトがあります。その中でVideoStudioというソフトがあります。実際の費用対効果機能面ではどういったものがあるのでしょうか。ほかに有益な動画編集ソフトはないのでしょうか。いろいろな動画編集ソフトを使ってから、気になる機能面と価格の両面から動画編集ソフトの効果を見ていきます。

VideoStudioについて簡単に紹介

VideoStudioという動画編集ソフトの機能面を見ていきます

最初に.VideoStudioの体験版があるので、それをダウンロードしてインストールします。まずは、編集する動画を読み込むための準備をしなければいけません。動画ファイルの編集用のフォルダーを作成します。VideoStudioを起動すると、編集画面が表示されるので、編集用のフォルダーを作成します。「追加」メニューをマウスでクリックすることで編集用のフォルダーを作成します。編集用の動画を読み込むには、画面上部にあるフォルダーマークをマウスでクリックしてから別ウィンドウで動画ファイルの読み込みをします。これで動画編集が出来る状態まで持ってきました。

VideoStudio

ここからはエフェクトを使ってから編集をしていきますが、編集できる基本機能としては、1500種類以上のアニメーションタイトルやエフェクトが用意されています。動画の色を鮮やかに変更するための色の編集機能などもそろっています。BGM用の音楽の挿入も出来て、著作権なしの音楽ライブラリーへのアクセスを行ってから、自由に動画へ挿入することが出来ます。BGMの長さは、挿入時に動画の長さに合わせてから自動調整されるので、最初から動画と同じ長さのBGMとして挿入できます。

編集できる動画は、多種のデバイスに対応していて、いろいろなデバイスで撮影したデバイスの動画を編集することが出来ます。マルチカメラビデオエディター機能がそろっていて、最大6つのビデオアングルから好きなビデオを選択して採用することが出来ます。

VideoStudioの代わりになる動画編集ソフトの紹介

VideoStudioはこのように多機能で最先端の動画編集をすることが出来ます。ただし、高度編集機能で初心者が使うには使いつらい点があります。エフェクトも、現在登録されているエフェクト以外を挿入するのには手間がかかります。その点を考えると、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」であれば、初心者向けの編集モードとプロ編集者向けの高度編集モードの2種類が用意されています。初心者は簡単編集モードを使ってから、動画編集のイメージをつかんでから、高度編集モードを使えば、動画編集初心者でも高度編集モードを利用しやすくなります。

VideoStudio

さらにエフェクトに関しても、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」ではデフォルトで数百のエフェクトが編集ソフト本体に組み込まれていて、追加でエフェクトを挿入したい場合は、エフェクトセンターにアクセスして、使いたいエフェクトコレクションをダウンロードするだけで、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」ソフト内に自動で挿入されます。エフェクトをいくらでもエフェクトセンターからダウンロードを行えば、簡単に挿入してくれるので、初心者でも簡単に使うことが出来ます。何よりもVideoStudioと「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の価格がぜんぜん違います。VideoStudioに比べると、同じ機能を使えて半値程度で購入できるのが「Filmora(旧名:動画編集プロ)」をおすすめする理由の1つでもあります。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>