VideoStudioで編集した動画をDVDに焼くには

Wondershare Editor 編集者:

撮影した動画を編集して、完了したら、出力することになります。出力媒体として直接DVDに出力できれば、別途DV書き込みソフトなどをインストールする必要もなくなります。 素人には、簡単なようで手間がかかってしまい大変な作業がDVDへの書き込み処理となります。

動画編集ソフトでDVDへの書き込みが出来れば助かりますが、無料動画編集ソフトを使ってからDVDへの直接書き込むことは出来ません。どうしても、有料動画編集ソフトを購入しなければ出来ません。そこで、有料動画編集ソフトをを幾つか見ていって、どのような出力形式があって、何に書き込みが出来るのかを見てみました。そこで、windows版の動画編集ソフトで有名なVideoStudioを見てみます。

VideoStudioで編集した動画をDVDに焼く方法

VideoStudioであれば直接DVDやブルーレイディスクに書き込みをすることが出来ます。 出力形式にDVDを選択すれば、書き込みが出来ます。ただしVideoStudioでDVDに書き込む場合は、DVDVideo形式のファイルでなければ書き込むことが出来ません。家庭用ビデオ再生装置で見るためには、この形式で書き込みをするしか方法はありません。いったんディスクイメージで出力してから書き込みを行います。この手順は、素人がするには、それなりの知識が必要になります。手順に従ってからDVDへの書き込みを試みたけれど、書き込みが出来なかった場合もあります。その場合は、手がつけられません。

VideoStudioではある程度の知識がある人であれば、DVDへの書き込みもスムーズに行きますが、どう考えてもそこまでの知識を持っている人がいるとは思えません。画像処理やファイル形式に詳しい人であれば、説明書に従ってDVDへの書き込みをすることが出来るかもしれませんが、実際には、そこまでの知識を持っていてDVDへの書き込みが出来る人は想はいません。機能としては十分なものがそろっていますが、使い勝手や説明書の内容を考えると、素人が使うにはなかなか出来ないという結果になってしまいます。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」で編集した動画をDVDに焼く方法

そんな素人でも、簡単にDVDへ直接編集した動画を書き込むことが出来るソフトがあります。そのソフトとして、filmoraであれば、素人でも簡単に動画をDVDへ書き込むことが出来ます。出力するファイル形式を意識しないでDVDへの書き込みが出来るので、素人向けの動画編集ソフトとして最適なソフトです。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」で編集した動画をDVDに焼きましょう!

ステップ1:「Filmora(旧名:動画編集プロ)」であれば、動画を編集後に、中央にあるメニューの「作成」をマウスでクリックすることで、ファイルの出力ウィンドウが表示されます。表示されたウィンドウの中に、DVDのアイコンがあるので、そのアイコンをマウスでクリックすれば、DVD書き込みウィンドウが表示されます。

動画をDVDに焼く

ステップ2:表示されたウィンドウの詳細条件を変更するだけで、あとは「作成」をクリックすればDVDへの書き込みを開始してくれます。詳細設定も、DVDへの直接書き込みをするのか、イメージファイルを作成するのかを選択する程度で、あとはラベル名を変更すれば、書き込みが出来ます。テレビ企画やアスペクトを変更できるようになっています。ただし、デフォルト表示の設定でDVDへ書いても問題がないので、意味がよくわからない場合は、初心者はただ単に、DVD書き込みウィンドウが表示されたら「作成」をマウスでクリックするだけで、書き込みできます。

動画をDVDに焼く

VideoStudioのような複雑な作業をする必要もなく、DVDに書き込みできないということもありません。知識がなくても簡単にDVDへの書き込みが出来るのが「Filmora(旧名:動画編集プロ)」です。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>