VideoStudioでAVCHD動画を編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

AVCHDというのは、長時間撮影に向いているファイル形式で、複数のメディアで表示することが出来ます。ソニーとパナソニックが開発した動画ファイル形式で、圧縮効率が高いので、ハイビジョン動画を長時間撮影することが出来ます。ファイルサイズが他のファイル形式よりも小さく圧縮できます。AVCHDを編集する場合に、VideoStudioを使ってwindows上で編集することが出来ます。

AVCHD動画を編集する方法・手順

VideoStudioでAVCHD動画ファイルを読み込んでからテキストとトランジションエフェクトを使ってみます。

VideoStudioの編集する手順

ステップ1:VideoStudioを起動してから、上部メニューの「ファイル」をマウスでクリックするとプルダウンメニューが表示されるので、その中の「メディアをライブラリーに挿入」を選択すると、別ウィンドウが表示されます。表示されたウィンドウで編集したいAVCHDファイルを読み込みます。そうすると画面左のビューエリアに動画が表示されて、ライブラリーにファイルのアイコンが表示されます。表示された動画ファイルをマウスのドラッグ&ドロップでタイムラインへ挿入します。これで動画の編集準備が完了です。

ステップ2:次にトランジション機能を使いますが、画面右上のメニューにトランジションがありますので、挿入したいトランジションをマウスでドラッグ&ドロップでタイムラインの動画エリアに挿入します。

ステップ3:次にテキストを挿入します。こちらも、オブジェクトエリアの「テキスト」をマウスでドラッグしてからタイムラインのテキストエリアでドロップすると挿入できます。これでテキストとオーバレイを挿入完了しましたので、テキストの内容の変更を行います。

ステップ4:挿入したテキストのバーをダブルクリックすると、ビューエリアのテキスト部分が点線で囲まれるので、その中のテキストを変更すれば完了です。ビューエリアの再生をクリックするとオーバレイとテキストを挿入した状態で動画が再生されます。

ステップ5:再生してOKであれば、ファイルの保存です。ファイルの保存は、画面上部にある「完了」をマウスでクリックすると出力編集画面が表示されます。表示された出力形式の中からファイル形式を選びます。今回はMpeg4をマウスでクリックすると、出力詳細情報が下部に表示されます。表示されたファイル名・出力先を変更するれば出力準備完了です。あとは、画面下部にある「開始」をマウスでクリックすると変換後出力を行ってくれます。

代わりの動画編集ソフトWondershare 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」をご紹介

VideoStudioではどうしてもAVCHDを編集することが出来ない場合は、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を利用することをおすすめします。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」であれば多数多くのファイル形式を読み込んでから編集することが出来ます。編集操作はVideoStudioとほとんど変わりませんので、VideoStudioで操作が慣れている人でも十分に操作をすることが出来ます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

オーバレイエフェクトとテキストエフェクトは「Filmora(旧名:動画編集プロ)」でも用意されているので、使い方としては、エフェクトを選ぶときには、タイムラインの上部にメニューが表示されるので、そのメニューの中にオーバレイとテキストがあります。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」では、VideoStudioにはないようなエフェクトとしてエレメントなども用意されているので、使い勝手はよいのではないでしょうか。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の利点はMacでも動作するので、Macユーザーには「Filmora(旧名:動画編集プロ)」をおすすめします。

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。