VideoStudioでAVI動画を編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

動画ファイルを編集する上で、そのファイル形式を知っていないと何がどうなるのかがわかりません。そこで今回はAVIファイルを編集してyoutubeに公開したいときに、AVIファイルとはどういうものなのかを知っておくと便利です。AVIファイルとは、windows標準の動画ファイルでwindows上で再生可能ファイル形式となります。

そんなAVIファイルを編集するためのソフトと言えば、無料・有料問わずいろいろなソフトがあります。無料動画編集ソフトで編集を行ってもよいのですが、機能的に言えば、簡単な編集しか出来ません。この場合は、有料動画編集ソフトで編集すれば、より効果的な編集を行うことが出来ます。いろいろな動画ファイルを編集することが出来る有料動画編集ソフトですが、AVIファイルと言えば、VideoStudioが得意とするファイルです。AVI動画ファイルでも、VideoStudioをインストールしている環境によっては編集できない場合があります。


Part 1: VideoStudioでAVI動画ファイルを編集するには

ステップ1:AVI動画ファイルを読み込む

VideoStudioは基本的にAVI動画ファイルを編集できるようになっています。VideoStudioでAVIファイルを編集するには、まずはVideoStudioを起動してメニューのファイルをマウスでクリックすればプルダウンメニュイーが表示されるので、その中の「メディアファイルをライブラリーに挿入」を選択すると別ウィンドウが表示されます。その中から編集したいAVIファイルを選んでからライブラリーに読み込みます。

AVI動画ファイルを読み込む

ステップ2:エフェクトを挿入する

読み込んだAVIファイルをタイムラインへマウスでドラッグ&ドロップで挿入します。挿入したAVI動画ファイルにエンディング動画を挿入します。VideoStudioには上部右側にライブラリーがあり、左側にエフェクトのメニューが表示されています。その中の「インスタントプログラム」があります。その中にはエンディング動画用のセットされたエフェクトがあります。そのエフェクトにはエンディングだけではなくオープニングのセットエフェクトもあります。

AVI動画ファイルを読み込む

ステップ3:エンディングエフェクトを挿入する

エンディングエフェクトをタイムラインへマウスのドラッグ&ドロップでタイムラインへ挿入します。エンディングなので、AVIファイルの最後に挿入しなければいけません。 挿入位置がずれた場合は、マウスで移動することが出来ます。このエンディングには、動画だけではなく音声とテキストのセットパックとなっていて、全部まとめて挿入することが出来ます。これも、不必要なエフェクトがあれば、簡単に削除することが出来ます。削除してから新しいエフェクトを別途挿入することも出来ます。

Part 2: AVI動画を編集するソフトおすすめー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」でAVIファイルを編集するには、まずは、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を高度編集モードで起動したら、表示される「ファイル」をクリックするとプルダウンメニューが表示されるので、その中からメディアのインポートを選択してAVIファイルを読み込み込みます。読み込んだAVIファイルはマウスのドラッグ&ドロップでタイムラインへ挿入します。ここまでは基本的にVideoStudioとほとんど同じ操作で出来ます。

エンディング動画を挿入するには、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」ではエンディングのセットは容易されていませんが、エレメントをタイムラインに挿入してから、テキストと音楽を1つづつタイムラインに挿入すれば、VideoStudioのエンディングセットのように編集できます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>