VideoStudioでFLV動画を編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

FLV動画とは

FLV動画とは、フラッシュムービーのことで、フラッシュプレイヤーなどで再生するために作られたファイル形式となります。FLV動画を動画編集ソフトで編集をしたい場合は、無料の動画編集ソフトもありますので、以外に簡単に編集をすることが出来ます。ただし、無料動画編集ソフトの場合は、そこまでの編集機能がないので、出来れば有料の動画編集ソフトを使ったほうがいろいろな編集が出来ます。

動画編集ソフトは、ほかにも読み込んだ動画ファイルをそのまま別のファイル形式の動画に変換することも出来ますし、動画ファイルの中から音楽だけや映像だけを取り出して出力することも出来ます。そんなFLV動画を編集する有料動画編集ソフトとしては、VideoStudioがおすすめです。

VideoStudioでFLV動画を編集する方法・手順

ステップ1:FLV動画ファイルを読み込む

FLV動画を編集するのにVideoStudioを使ってからエフェクトを挿入して別のフィル形式で出力してみます。まずは、VideoStudioを起動したら画面の左上にファイルというメニューがありますので、メニューをマウスでクリックするとプルダウンメニューが表示されるので、その中の「メディアファイルをライブラリーに挿入」を選択してFLV動画ファイルを読み込みます。

FLV動画ファイルを読み込む

ステップ2:FLV動画ファイルを編集する

読み込むとライブラリーの中に表示されるので、その動画をマウスのドラッグ&ドロップでタイムラインへ挿入します。ライブラリーへ読み込みが出来た動画は、どれでもタイムラインへ挿入してから編集することが出来ます。ではタイムラインの動画を編集するために、まずは基本となるタイトルを挿入します。タイトルを挿入する場合は、ライブラリーのタイトルメニューを選択してからテキストの一覧からマウスのドラッグ&ドロップでタイムラインのテキストに挿入します。色彩を変えたい場合は、ライブラリーのメニューの中から「カラー/色彩」がありますので、その中から好きなカラーを選んで、マウスのドラッグ&ドロップしてからタイムラインへ挿入します。

FLV動画ファイルを編集する

挿入してから、そのエフェクトのバーをマウスでダブルクリックします。タイムライン右側に詳細情報が表示されます。その中にマスク&マクロキーというのがあるので、透かしの度合いを換えることが出来ます。動画にマスクを自由にかけることが出来ます。

ステップ3:FLV動画ファイルを保存する

かけたマスクで編集して、そのままその動画を出力してから別途ファイルとして保存することが出来ます。保存方法としては「完了」を選択すれば、ファイル出力の編集画面が表示されます。表示されたファイル形式の中から、出力したいファイル形式を選んでから編集した動画を変換して出力します。

FLV動画ファイルを読み込む

VideoStudioのかわりにFLV動画を編集するソフトー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

FLV動画を読み込みが出来ないか編集が出来ない場合は、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」をおすすめします。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」では、windowsだけではなくMacにも対応しています。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」で、FLV動画を編集するのに、タイムラインへの挿入も出来ますし、動画を鮮やかにすることが出来ます。

オーバレイえいぇくとを使えば、現在のVideoStudioでの透かし移住の鮮やかな透かしなどを動画に挿入することが出来ます。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」のオーバレイエフェクトはデフォルトで用意されていますし、別途エフェクトセンターにもオーバレイを含んだエフェクトコレクションがジャンルごとにそろっているので、そのエフェクトコレクションを、ダウンロードして動画編集に使うことが出来ます。エフェクトセンターでは不定期ですが、綱に新しいエフェクトがアップされていて、その利用価値は今後増大してくることでしょう。プラグイン機能に秀でている「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は利用価値が高くなります。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>