VideoStudioでHD動画を編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

HD動画とは

HD動画とは、1920P×1080Pを対象とした高精度解像度の画像を保存するファイルフォーマットです。そんなHD動画を編集するのにはVideoStudioがあれば読み込んでから編集することが出来ます。VideoStudioはwindows専用となっているので、Macで編集をしたい場合は、別の動画編集ソフトを利用しないと編集できません。

youtubeなどの高画質で表示売るを利用すると、この形式の高精度解像度の動画ファイルになります。youtubeをこの形式でダウンローソしてから編集をしたい場合は、このファイル形式を読み込んでから編集をする形になります。有料の動画編集ソフトであればほとんどの編集ソフトで編集は出来ると思いますが、その中でもVideoStudioを利用することでより効果的な編集を行うことが出来て、プロ並みの編集が出来ます。

VideoStudioでHD動画を編集する方法・手順

ステップ1:HD動画を読み込む

読み込みには、VideoStudioのファイルを選択して表示されるプルダウンメニューより「メディアファイルをライブラリーに挿入」を選択して、ライブラリーに読み込みます。読み込みが完了したら、ライブラリーからタイムラインへマウスのドラッグ&ドロップで挿入します。動画の編集可能状態になりました。

HD動画を読み込む

ステップ2:HD動画を編集する

これで、編集画面のオープニングとエンディングを入れて見たいと思います。まずは、オープニング用の動画を別途読み込んでからタイムラインに挿入します。そのときに、本編の前に挿入しないとオープニング動画にはなりません。先頭にオープニング用の動画を挿入できたら、あとはエフェクトを利用してから動画を編集していきます。

オープニングと言えばタイトルは必要です。ライブラリーにタイトルのメニューが表示されるので、その中から好きなタイトルを選択してからタイムラインへ挿入します。タイトルの詳細設定を行う場合は、タイムライン上のタイトルバーをダブルクリックをすれば、たいとるの詳細設定が右側に表示されます。その中には文字の形式・フォント・色・行間・影などほとんどのテキストの編集機能がそろっています。文字の表示位置に関しては、ビュー画面でテキスト位置を移動させれば好きな場所に移動することが出来ます。これでタイトルの編集が完了して、オープニング動画が完成となります。

HD動画を編集する

ステップ3:HD動画を保存する

あとは、ファイルを保存すればいいだけです。このようにVideoStudioではマウスの操作だけでほとんどの編集が出来ます。エフェクトにもオープニング用の動画と音声などがまとまったプロジェクトとして用意されているものもあるので、こちらを使ってから初心者はオープニング動画にすることが出来ます。

HD動画をする

HD動画を編集するおススメのソフトー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

VideoStudioでは読み込みが出来なかったり、Macで編集をしたい場合は別の動画編集ソフトが必要になります。Macでもwindowsのどちらでもインストールできる動画編集ソフトとして「Filmora(旧名:動画編集プロ)」があります。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の場合はOSに関係なく使えるのが特徴で、どのOSでも同じように編集をすることができます。

今回のオープニング動画を「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使ってから挿入するとしたら、まずは動画ファイルを読み込んでから、テキストエフェクトを挿入した動画を作ればオープニング動画として利用できます。VideoStudioを使っている人で編集できない場合は、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使ってみるとその類似点が直ぐに理解できると思います。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>