VideoStudioでM4V動画を編集する方法

Wondershare Editor 編集者:

M4V動画ファイルとは

M4V動画ファイルを動画編集ソフトで、編集をして保存して公開する場合に、編集ソフトを利用しないと編集は出来ません。そんなM4V動画ファイルを編集できるソフトはそこまで多くはありません、M4V動画ファイルというもの自体を知っていると、後々便利です。

M4Vファイルというものは、アップル社が.mp4の規格を拡張して設定したファイル形式です。基本はアップル社製品の動画を見るデバイスで見ることが出来るもので、アップル社専用という認識が強いファイル形式です。

VideoStudioでM4V動画を編集する方法・手順

VideoStudioで、M4V動画を読み込んでからフィルター加工処理を行って編集した動画をMP4形式で出力してみます。

ステップ1:M4V動画を読み込む

まず、編集したいM4Vをメニューの「ファイル」をマウスでクリックして「メディアファイルをライブラリーに挿入」を選択します。別ウィンドウが表示されるので、その表示されたウィンドウから編集したいM4V動画ファイルを読み込みます。読み込んだ動画ファイルは画面右側のライブラリーに表示されるので、その動画をマウスのドラッグ&ドロップでタイムラインへ挿入します。

M4V動画ファイルを読み込む

ステップ2:フィルター処理

タイムライン上に動画が表示されるので、次にフィルター処理を行います。フィルター処理を行うには、ライブラリーのメニューの中にあるフィルター機能をマウスでクリックすると、フィルターで使えるエフェクト一覧が表示されます。表示されたエフェクトの中から選んで、マウスのドラッグ&ドロップでタイムラインの読み込んだ動画の上に挿入します。これでフィルター編集が出来ました。

フィルター処理

ステップ3:M4V動画をMPEG4に変換して保存する

あとは、ビューエリアの再生ボタンをマウスでクリックして再生してみてください。確認が終わると、最後に編集したデータを保存します。画面上部にあるメニューの「完了」を選択するとファイルの出力画面が表示されます。画面の右側に出力できるファイル形式が表示されているので、この中のMPEG4を選択します。プロファイル・名称・パスがありますので、保存したい場所を変えたいのであればパスの部分のフォルダーアイコン部分を選択してウィンドウを表示させて、保存場所を変更します。場所とファイル名を入力したら、「開始」をマウスでクリックすると保存してくれます。VideoStudioでM4Vファイルを編集してMPEG4へ保存するには比較的簡単なマウスの操作だけで完了します。

M4V動画をMPEG4に変換して保存する

M4V動画を編集するソフトー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を紹介

VideoStudioはwindows専用の動画編集ソフトのため、Macで同じように使いたい場合は、VideoStudioと操作性の互換性が高い「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使うことをおすすめします。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」であれば、ファイルの読み込み後、フィルターの挿入までの一連の操作は、マウスの操作だけで簡単に終えることが出来ます。エフェクトの数もVideoStudioに負けないくらいそろっていて、別途エフェクトセンターがあるので、最新のエフェクトをそこからダウンロードして使うことが出来ます。

操作性は、VideoStudioとほとんど一緒で、編集後のファイル出力ではVideoStudioより多くのファイルを対象としていて、youtubeなどのWEBに直接アップロードすることも出来ます。編集機能としてはVideoStudioと同等化それ以上のエフェクトを利用することが出来て、ファイル出力形式も豊富な「Filmora(旧名:動画編集プロ)」はおすすめです。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」はMACにインストールできて使うことが出来るので、MACユーザーは「Filmora(旧名:動画編集プロ)」でVideoStudioのように動画を編集することが出来ます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>